MEMO

君と僕の赤い糸
幼女戦記/ターニャ・デグレチャフ

物凄く久し振りに別の夢主を作った気がします。
流石にあの世界観で日本名をこじつけるには無理がありましたし、ぶっ飛んだ世界とぶっ飛んだ主人公には頭のネジが2、3本ぶち抜かれたような夢主がよかろうと思いまして。
一人称が僕の夢主は初めて書いたかもしれません。
幼女戦記は1月から始まったアニメで、それを期に小説も読んでみたのですが……どうにも、私には合わなかったようなので、演算宝珠とか魔法に関する知識が間違っているかと思われます。申し訳ありません。
ですが書いていて楽しかったので、もう少し書きたいこともありますし、勉強してもっと書けたらいいなとは思ってます。
誤字脱字がありましたらお手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。
2017/01/19 - 短文詰
響け!+1
「降り積もる愛のあかし」を更新致しました。
本編の更新はお久しぶりですね…1期沿いマラソンももうすぐ完走となります。もちろん2期沿いマラソンもあります。
今回更新した話のアニメ原作は久美子の覚醒回として私も大好きな話です。特に「もう一度聞きます。できますか?」と先生に問われた久美子が「はい!できます!」と力強く答えるシーンが大好きで、2期にこの伏線(?)が最高の形で回収されるのなんて燃えてしょうがありません。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。



<例の後書きコーナー>
今回の話で重きを置いたのは吹奏楽部員の名前を思い出す瑞樹です。
先生の隣を陣取ってる瑞樹とか、吹部に差し入れする瑞樹も、まあ前から考えてはいましたが、瑞樹が努力している人間の名前を忘れない設定で、それを活かす(=吹奏楽部員は本気で全国を目指そうと努力をしていることが明確になる)にはこのタイミングだとずっと考えていました。多分、どこか冷めたように一歩引いて見ているだけだった久美子の覚醒回だからだろうと思います。
先生と瑞樹の関係は、清い兄弟ではないんですが絶対に恋人でもなく、やっぱりどこまでいっても家族の範疇を出ない。でも距離は誰が見ても兄弟の域を出てますが。こういう甘いけど恋人じゃない、みたいな話は書いててとても楽しいです。
次回も色々書きたい事が山積みなので、お待ち頂ければと思います。
よろしくお願いします。
2017/01/13 - 更新履歴
いつか見た夢
響け!ユーフォニアム/滝昇

お久しぶりの更新ですが短文です。
作品自体は結構前に書きあげてたんですが、踏ん切りがつかないまま更新しないでおこうかとも思いましたが、勿体無いのであげます。
めちゃくちゃ恥ずかしいものを書いてしまいました……。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。
2017/01/09 - 短文詰
さらば、不可侵の青よ(修正版)
自分の作品を読み返せる人と、そうでない人がいますが、私は読み返せる人です。
というか、響け!夢なんて私しか書いてる人いないんじゃないか?というレベルなので何度も読み返しては自分で満足するという繰り返しです。
とはいえ文章の拙さはどうしようもなくて、深夜に読み返していたら加筆修正がしたくなったのでちょこちょこ始めようと思った次第でございます。これを深夜テンションというんでしょうな。
因みに方法としてはプリントアウトして赤ペン修正という、原始的な方法なんですがこれが割と捗ってます。パソコンや端末とはまた違った媒体で自分の文章を見返すというのは良いことなのでしょう。
内容は殆ど変わっていませんので、更新履歴には載せません。気になる方は御手隙の際にご覧ください。
よろしくお願いします。
2016/12/27 - 加筆修正
永遠なんて
響け!ユーフォニアム/滝昇

読んでくださった方は二人が見ている番組がなんなのか、すぐに分かるかと思います。リアルタイムであの番組を見ていて、あの炊飯器を見た瞬間のリアクションは私のものです。思わず「すっげえ!?」って言ってしまって、あ、これ夢主も思うな、というところから書きあげました。
短文詰は特にそうなんですが、先生との距離が本編以上に近いのは私の趣味です…ギリギリ付き合ってはない、くらいの境界線を狙って書いてます。だってもう先生が可愛すぎるから……あの寝顔は反則だから……。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。
2016/12/13 - 短文詰
果汁100%
響け!ユーフォニアム/滝昇

この時期定番の風邪ネタですが、風邪を引いたのは私です。
風邪の辛さを忘れる為にネタを吐き出していたのですが、如何せんちょっと萌えちゃったので書きました。とても短いですが。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いいたします。



<後書きコーナー>
瑞樹は先生が体調を崩そうものなら己を責めながら全力で世話を焼く過保護っぷりを発揮しますが、自分が風邪を引いたら絶対に隠し通しそうだなというのが発端でした。けれど先生の前だとうっかり素を出しちゃうので割とすぐに看破されてしまったのですが。
最後のやり取りを見ていた吹部女子が萌え死ぬまでがワンセットです。香織がその筆頭。12月ともなると3年生は引退しているでしょうがそれはそれこれはこれ。
2016/12/11 - 短文詰
短編+1
「一人が平気なわけじゃないんだ」(FGO/天草四郎)

天草四郎来ません!!!
作中はさもエクストラクラスが全員いるような描写をしましたが、弊カルデアにはジャンヌしかいません残念でした!私が!
7日まで天草四郎ピックアップやってるんで幾らかつぎ込むか割と真面目に悩んでいます…。
それはそれとして。私の大本命は赤い弓兵ことエミヤです。そもFGO開始以前はエミヤの真名は禁忌の如く扱われていた為、正直、今でも戸惑ってしまいます。アーチャー=エミヤみたいなところがあります。
FGOはもちろんFateブランドの一つとして当然のように始めましたが、一向に彼が現れてくれず、召喚された暁にはビンタしてやる!と思いながら苦節1年、やっと召喚に応じてくれたアーチャーがレベル93になるまで1週間もかかってしまいました。
そういう感じなので、作中どうしてもアーチャー贔屓になってしまうのは申し訳ないと思いつつもどうしても避けられません。ご了承ください。
FGOの7章にエクステラと型月に搾取される日々…とても幸せです。
2016/12/06 - 更新履歴
短編+1
「誘惑のかほり」(WT/出水公平)

私は話を「書きたい」という欲にも波があって、更に「書ける」という事実にも波があります。なのでその二つが上手く噛み合うと我ながらいい感じの作品ができあがるのですが、今回更新したお話は「書きたい」けど「書けない」状態で無理矢理書き上げたので、ちょっと歪だなあと思います。でも手直しすると更に墓穴を掘りそうな感じなので、勿体無くて更新しました。落ちから必死感や頑張ってる感じを察して頂けたらなあと思います。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。




<後書きコーナー>
今回更新した話は、実際に私がコーヒーを飲んでいる時に思い付きました。ぱっと浮かんだのはコーヒーのくだりだけだったのですが、そこに行くつくまで何があったのだろうとか色々考えてて、気付いたら長くなっていました。
瑞樹が普段寝坊する事は滅多にないんですけど、というか何かの用事に遅刻することは絶対にないんですが、まあ猿も木から落ちますしね。
高校時代のジャージを寝間着にする人って割といると思うんです。他ジャンルの瑞樹は恐らくしてないんでしょうけど、WTの瑞樹は相当高校時代に思い入れがあるんじゃないかなと。
2016/11/29 - 更新履歴
短編+1
「眩しすぎる花びら、ひとつ。」(文豪とアルケミスト/中島敦)

短文詰を含めると3つ、短編では初めての敦夢でした。
敦夢のネタはツイッタでのフォロワさんのツイを使わせてもらっているのですが(勿論許諾済みです)、その殆どが食べ物ネタでして。というのも、史実の中島敦は若くして亡くなっておられるので、転生したのだし一杯mgmgしなよ!的な親心の発露だそう。私も同感です。
B5ルーズリーフ1枚半に及ぶネタを上手いこと調理できたらいいなと思っております。
文アルは中島敦、小林多喜二、徳田秋声を贔屓していく予定です。今回更新したお話の様なほっこり話か、複数人でわちゃわちゃするような話が多くなると思います。
設定ページにもありますが世界観などほぼ全てが捏造ですのであまり真に受けないようお願い致します。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたらお手数ですがご一報ください。
宜しくお願いします。
2016/11/17 - 更新履歴
信じてる
文豪とアルケミスト/中島敦

文アル世界については何も分かっていないので捏造に捏造を重ねています。
あと多分裏敦は戦闘時以外には出てこないとは思いますけど、ほら、ほいほい変わる方が萌えるじゃん?という。
ネタはツイッタのフォロワさんから拝借しました。天才的な発想を持つ面白い方でして、ふぁぼ…もとい、いいねが止まりません。許諾は得ているのでどんどんネタを拝借していきたいと思います。
こういうのは鮮度と萌えと勢いが大事!ですよね。
2016/11/14 - 短文詰
PREV TOP NEXT
ALICE+