MEMO

ダイヤ+1
<<こちらの連載を初めて読む方は、必ず「必読」を一読してください>>

「みっつめのお砂糖の角にあります」を更新しました。

夏アニメがどんどこ始まってますね。
今季は色々見るものが多くててんやわんやしておりますが、一押しは「DIVE!!」です。知ってた!!
富士谷要一くんが色々無理すぎて無理です……。
どれだけ翻弄されてしまうのやら……という感じですが、更新した暁には笑いながらお付き合い頂ければと思います。(既に書き始めてしまっている)

誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。



<後書き>
夏の合宿自体は1週間なのですが、あと1話で合宿そのものは終わらせて、最終日の試合にいこうかと思っています。丹波くんをクローズアップしていこうかな、と。露骨な伏線です。
終盤特にそうなんですが、聖母をイメージして書いてました。許してもらいたがりというか、露骨な言い方をすれば「バブみ」というやつでしょうか。色んなジャンルにいる瑞樹と相手キャラとの関係性との差異を模索した結果、そんな感じのところに落ち着きました。
どこかで書いてるかもしれませんし、本編を読むと分かるかもしれませんが、他の誰もが御幸が一方的に好意をぶつけて瑞樹は仕方なしにそれを受け止めていると思っています。御幸本人もそうだと思っているかもしれません。けれど実のところ、既に相手がいなければ生きていけなくなっているのは瑞樹の方で、執着度でいえば瑞樹が圧倒的に捻じ曲がってます。粘度が高い。きっとそれすらも御幸は許して受け入れる。だからますます……という無限ループですね。
2017/07/27 - 更新履歴
響け!+1
「愛した夜が明ける」を更新しました。

注意、というほどでもないとは思いますが、今回はネガティブな感情(キャラが夢主を嫌ったり夢主がキャラを嫌ったり)が作品の殆どを占めています。そういうのがちょっとでも苦手な方は閲覧をご遠慮ください。責任は持てません。
近況としてはFGOの開拓をせっせとこなしております。
水着鯖は玉藻前しかいないので、ルーラーマルタ姐さんはマジで欲しいんですが、2017年版が怖くて石を貯める日々です。マリーンバージョンのマーリンとかきたらマジで死んでしまうので(財布的な意味でも心臓的な意味でも)戦々恐々とした日々を送っております。7月末のリアルイベントで何かあるかしら……。
夏アニメは賭ケグルイがエンタテイメントアニメとして最高に熱いです。なんていったって早見沙織さんの蛇喰夢子!澄んだギャンブル狂いの演技、ゾクゾクしますね。OPの鈴井くんの首のラインが好きです。

誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。



<後書き>
今回で鎧塚みぞれと傘木希美についてのアレコレは終了です。
一番上でもちょっと言ってますし読んで頂ければ分かるかと思いますが、瑞樹は傘木希美(のような人間)が本当に嫌いです。嫌われたいが為の振る舞いではなく素で鎧塚みぞれという友人を傷つけているのに気づきもしないで笑っている。そういう鈍さや愚かさが耐えられないのだと思います。瑞樹が気づかれないようにしているとはいえ、存在をないように扱う相手はそうそういないでしょう。逆に珍しいですね。
誤解のないように言っておくと、私は傘木希美ちゃん好きですよ。
あすかの場合は嫉妬からくるものであり、またあすかは瑞樹の全てを嫌っている訳じゃありません。瑞樹も似ている自分たちの差違からあすかがそういう感情を持っているだろうなと勘付いてはいます。自分の所為じゃないので何も言わないだけです。
関西大会本番は1話でサクッと終わらせて、文化祭をたっぷり書けたらいいなと思ってます。
よろしくお願いします。
2017/07/14 - 更新履歴
響け!+1
「夢見がちな君に突きつけた現実」を更新しました。

お久しぶりの更新となりました。
今回で合宿編は終わり、みぞれちゃんと希美ちゃんに関するごたごたも次回で一気に片づけます。
夏アニメがどんどん始まっていますね。今季のアニメで特に注目しているのはアポクリファ(元々型月ファン)、刀剣乱舞(ufo好き)、DIVE!!です。一番最後についてはキャスト陣をご確認の上お察しください。DIVE!!夢書きたいです。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください
よろしくお願いします。


<あとがき>
今回一番力を入れたのは勿論、花火のくだりです。
瑞樹を滝先生と麗奈側に入れるか、橋本さんと久美子側に入れるかで迷ったのですが、先生側に入れちゃうとギャグ寄りになりそうだったのでこちらにしました。
瑞樹は麗奈の恋心を若干下に見ているところがあります。「どうせ義姉さんの存在を知ったら尻込みするだろう」と思っていて、「その程度で挫ける思いを昇さんぶつけるな」と憤っている訳です。それを乗り越えてもなお先生のことを好きで、本人にぶつけられるならそれでもいい。けれど先生はきっと、一生麗奈をそういう目では見ない。事実に基づいた圧倒的な自信による一種の驕りでしょうか。
作中で人ではないなにかのように描写することが多い瑞樹ですが、先生に関してだけは醜い感情を隠さなければならないほど露骨に露わにしてしまう。という人間臭さが割と気に入っています。
2017/07/09 - 更新履歴
響け!+1
「ピアニッシモ・マーチ」を更新しました。

PS4の配信サービスにてアニメを見ることに慣れきってしまった身としては、録画したアニメのCMをカットしてDVDに焼く作業が億劫でなりません。そんなことを思うたび、時間を金で買ってるなあ、と実感する今日この頃。
少し前のアニメのOPやEDを見て懐かしさに唸ったり、今まで見たことなかったアニメに触れてみたりと楽しい日々です。
7月から始まる夏アニメは豊作すぎる予感が止まりませんね。楽しみです。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。


<後書き>
橋本さんの邪推に対して瑞樹が不可解そうにしているシーン、瑞樹は「橋本さんは自分が本当は香織が好きなのに誤魔化そうとしているのを分かってるよ的な目で見ている」という考えなんですが、橋本さんの「そうは見えなかったけどなあ」という言葉は香織にかかってきます。実はそれくらい分かりやすいのでした。
アイスをあーんしてもらうのは、最初先生と聡美さんどっちにしようかなと悩んだので、どっちにもしてもらいました。先生の時の方がちょっと気合入ってます。若干色気というかえっちな感じを受けてもらいたいなと思って。
先生を思ってオーボエを吹く瑞樹は、希美ちゃんが欠けていない鎧塚ちゃんというイメージで書きました。最後ギャグちっくに締めましたが、瑞樹は先生に対する狂気的とも言える執着心を、先生にだけは見せていない(つもりな)のです。
2017/06/26 - 更新履歴
響け!+1
「恋が病なら僕は瀕死の重体」を更新しました。

話自体は殆ど進んでいません。合宿2日目の朝だけを切り取っています。
本来なら合宿全体で3話くらいを予定していたんですが、プロットを立てる段になって書きたい事がどんどん増えていって、結局1話増えました。
合宿編で重点を置いているのは勿論花火の辺りです。次々回を予定してます。今から書くのが楽しみです。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。


<後書き>
鎧塚ちゃんと瑞樹は吹奏楽部に所属する(瑞樹の場合は近しい立場にいる)理由が似ていると思ってます。鎧塚ちゃんにとっては同類のにおいがして、瑞樹にとっては己のように彼女の心が分かるので自己嫌悪と同族嫌悪で死にそうになります。でも別に鎧塚ちゃん本人が嫌いという訳ではないです。好きでもないですが。
今回の事でべったり仲良くなったりはしませんが、鎧塚ちゃんから声をかけるくらいには親しくなったかと思います。
コンクールに関する瑞樹の所感ですが、あれは本編の麗奈の「音楽は金銀銅とか評価されるべきものじゃない、なんて言えるのは上手い人、強い人だけだと思う」というような発言を地で行く存在が瑞樹です。瑞樹は自分がコンクールの類に出るとほぼ必ず金賞を取ってしまうので、基本評価がランク付けされるものは苦手なんじゃないかと思います。
誰しもが人によって顔を使い分けるように、瑞樹もいろんな顔を持っています。どれが本当なのか、どれが嘘なのか。多分どれも本当なんでしょう。
つまり優しい大人たちに可愛がってもらってる瑞樹はとても可愛いです。
2017/06/16 - 更新履歴
響け!+1
「欄外に記した密やかな決意」を更新しました。

アニメを見返して小説を読み返しても「滝先生が朝早くから来ていることに久美子たちが驚く」ことの明確な理由が分からなかったので私なりに理由をつけさせてもらいました。私は学生時代部活に入っていなかったので、部活事情というものが分かりません。間違っていたら申し訳ないです。
あと2回くらいで合宿編は終了の予定ですが、ちょっと長くなりそうなのでもう1話くらいプラスするかもしれません。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
宜しくお願いします。


<後書き>
瑞樹が大人びた性格をしている所為か、先生をはじめ橋本さんや新山さんに子供扱いされる場面が多いですね。完全に長子気質なんですが、大人に可愛がられる瑞樹は楽しんで書いてます。
一緒に暮らしているので2人きりで風呂に入るくらいで瑞樹は動じないのだ。ただ同じ空間で寝るのは動じる謎ジャッジ、その辺も次回書きたいなと思います。あと風呂上りの先生を見てドキドキする麗奈は超かわいい。風呂上がりの瑞樹を見てドキドキする中世古ちゃんも絶対可愛い。
こんな感じで新しく浮かんだアイディアを全部詰め込もうとするから長くなっちゃうんですけれどね。
2017/06/11 - 更新履歴
響け!+1
「心だけは夏に置き去り」を更新しました。

今回更新したお話は、明るいだけではないのでほんの少しだけ留意して頂ければと思います。
次回は合宿初日、新山さんとの関係を書くのが今からとても楽しみです。
響け!ユーフォニアムが映画化が発表されました!!!
久美子たちが2年生になった新エピソードも映画化されるということでとっても楽しみです。また喋って動く滝先生が見れるなんて……ただ、そこに夢主はいないのだなあと思うとなんか微妙に寂しい気持ちになります……夢書きたい……。
最近、配信サービスでアニメを見るのにハマっています。
ジョーカー・ゲーム、モブサイコ100、ガンダムОО……ダブルオーなんて、10年前の作品です……覚えている限り私が夢を書き始めた最初の作品なので感慨深くはありますね。構想だけは頭の中にずっと残っているのでいつか書けたらいいなあと思います。モブサイコはなんで放送当時見てなかったの?と言われるくらいドストライクでした……そらねえ、あの霊幻新隆とかいう男、色々むりでしょう……。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
宜しくお願いします。


<後書き>
8月16日の出来事をゆったりと描写したお話になります。
私の家はお墓ではなくお寺に納骨する宗派?なのでお盆に墓参りをしたことがありません。また近しい家族も存命していますので、あのような描写が正しいのかは分かりません。けれど苦しい気持ちと優しさが渦巻く胸中を少しでも描写できていれば、と思います。
今回更新した話とは関係ないのですが、私はいい意味でも悪い意味でも色々なものにすぐに影響されてしまいます。最近はジョーカー・ゲームに凄くハマっていて、前々回滝先生が読んでいた小説はジョーカー・ゲームのシリーズですし、前回迷子になっていた女の子(恵真)はジョーカー・ゲームの「暗号ケルベロス」内に登場するエマという女の子がモデルになっています。そんな感じで、その時ハマっているものとか作品をさり気なく出すのが好きなんですよね……。
2017/06/06 - 更新履歴
ジョーカー・ゲーム+1
「寂しくなっちゃだめだよ」を更新しました。
短編のカテゴリの一番下に置いてます。

主人公の人称が時と場合によってごちゃごちゃしてますがわざとです。素は「俺」「お前」で普通の男性ですが、結城中佐、軍上層部、D機関員でそれぞれ違ってきます。分かりにくくて申し訳ないです。
昭和初期なんて当然私は産まれていないのでネットなどで調べて書いているのですが、色々可笑しなところがあるかと思います。
D課やD組など現パロ(公式)で書けば楽なのは重々承知していますが、原作やアニメの本格スパイの雰囲気の中で夢小説を書きたいんですよね…ジレンマ……。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
宜しくお願いします。
2017/05/29 - 更新履歴
進撃+1
「壊れゆく世界の中心」を更新しました。

いよいよ原作沿いに突入していき、巨人を狩る描写が多くなっていきますが、まあ己の語彙力のなさを痛感しているところです。普通の格闘描写よりも立体起動の動きは複雑なのでなるべく言葉を散らして書いてますが……難しいです。
御見苦しいかと思いますが、精進致しますのでどうかご容赦ください。
次回は予定通りいけば巨人エレンが門を塞いだ直後リヴァイ兵長が現れて、事後処理まで、かなと思ってます。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
宜しくお願いします。


<あとがき>
瑞樹の首を絞めるシーンで「そのまま落ちろ」て台詞があるのですが、最初は「そのまま死ね」でした。でも個人的にリヴァイさんって粗暴で口は悪いですが安易に人に死ね死ね言わない気がして変更しました。人の命の価値が低い場所で生きてきたからこそ、大事な相手に対しては冗談でも死ねと言いたくないという信念があるような気がします。
2017/05/26 - 更新履歴
響け!+1
「甘く苦しい息を継ぐ」を更新しました。

みんな大好き水着回!です。
書きたいこと全部書いてたらとても長くなってしまいました。あすかの水着を私の趣味で若干変えています。
今回先生がほぼ出なかった反動で次回は先生しか出ません。私だけが楽しい話になりそうです。
話の中に一ヶ所「**」という記号が入っているかと思いますが、別日に切り替わった目印で使っています。これ以外では「__」で表記しているものです。時間を見て全て「**」に切り替えようかなと思っています。誤用ではないです。
誤字脱字、名前変換のタグミスなどありましたら、お手数ですがご一報ください。
よろしくお願いします。


<後書き>
小笠原ちゃんの微妙なニュアンスは瑞樹が然程自分に興味を持っていなくて、自分の劣等感を見抜いているのに嘘でも優しい言葉を言ってくれるところを含めて「モテる理由が分かった気がする」と言ったのでした。
瑞樹とあすかを比べて書く時、瑞樹がまるでいい人のように見えますが、これはどちらかというとあすかの方が現代人としては当然なのです。子供に声をかけて不審者だと言われる現代で躊躇いもしない瑞樹の方が性善説を信じすぎていて、実行しているところに怖さを感じてもらえたらなと思って書いています。
瑞樹視点の一人称なので仕方ないですが、女の子に興味がない割に水着に詳しいことになっていて変態みたいだなと笑いながら書いていました。多分自分の水着を購入しに行った際、女性用の水着がたくさん出ていたのだと思います。女の子の水着って色々種類があって見ていて華やかですよね。
2017/05/20 - 更新履歴
PREV TOP NEXT
ALICE+