融資

お金が必要

現金が必要な場合、個人間同士でお金を貸し借りする方法以外で個人・事業主が融資をしてもらう時に利用するのがキャッシング・カードローン・銀行ローン・消費者金融などの貸金業者です。

貸金業者から融資をして貰うには店舗窓口・電話・無人機・インターネットから審査を申し込んで借り入れする必要があります。

店舗窓口・無人機に出向くのが、めんどくさい、忙しくて時間が無い人にはインターネット(パソコン・タブレット・スマートフォン・ケータイ)から24時間365日、何時でもお手軽に申し込みが出来て便利です。

申し込みをする時に
本人確認書類(免許証など)、収入証明書(必要な場合あり)などの必要書類を用意しておきましょう。

では貸金業者ではどのような審査をしているのでしょうか、融資審査では、まずあなたの勤務先、勤務形態、勤続年数を調べます。さらに他の貸金業者からあなたが融資を受けている所がないか、※事故歴など、あなたの信用情報を徹底的に調べあげます。

※過去に3カ月以上の延滞を起こした場合、事故情報(ブラックリスト)として登録されます。

何も悪い所がなければ無事に審査を通過して融資をして貰えます。


事業者ローン・ビジネスローン

中小企業の経営者の方や個人事業主のビジネスを対象としたローン商品。

ビジネスをしている事業主にとって、資金繰りは大変苦労し、頭の痛い問題です。

決算時期の急ぎの資金繰り、事業拡大、運転資金、つなぎ資金、設備投資、などが必要そんな時に、公的融資や銀行などから融資を受けられれば良いのでしょうが、公的融資は手続きに時間がかかってしまいすし、銀行は審査が厳しく、簡単には融資してくれません。しかし、融資が必要…

そんな資金不足、新しく事業を始めたい、
ビジネスチャンスを生かすためにビジネスローンを利用しましょう。

申込書類

申込書類は下記の書類を用意しておきましょう。

・ご本人様を証明できるもの
・2期〜3期の決済書
・納税証明書
・商業登記簿謄本(法人)
・印鑑証明書
・住民票
などが一般的に必要となる書類です。

返済

カードローン・キャッシングを利用した場合、当然借りたお金は必ず返す必要があります。
果たして実際はどのように返済すれば良いのでしょうか?

返済方法は一般的に、
借り入れ先の指定の銀行口座振り込み・振替・店舗窓口・無人機・手形などの中から、お客さまのご都合に合わせて自由に選べるご返済方法をご用意しております。

基本的にATM利用時の手数料は、一部お客様のご負担となっておりますが、手数料が無料の嬉しいサービスをおこなっている所もあります。

また、振り込み先指定口座・振り込み支払いにはインターネットバンキングでのお手続きが便利です、しかも月に数回、ATMから引き出し、振り込み手数料無料のサービスをしている所があるのでネットバンクの口座を作っておくのが良いです。

経済的に余裕のない方にローンは大変ありがたい存在ですが、無理なく、ムダなく計画的に最適な返済プランを立てる用にしておきましょう。

融資〜カードローンキャッシング - 審査が心配?