追憶は
煙に巻く

あらすじ

例の実験被験者な夢主と朱星とのあれこれ。恋愛成分をやや含みつつもあまり進展しない。だいたい原作時間軸のお話で夢主も途中から旅に同行する。たまに原作に沿いつつ基本は1話完結のシリーズもの。下に行くほど時系列が新しい。

夢主説明

元連盟所属の鉱石職人。基本的にユルく言動も明るいがちょっと演技っぽい。実際の気性はネガティブぎみ。ここ2年ほどは各地を放浪していた。使用する鉱石は尖晶石スピネル。とある事情から弟子は取らないと決めている。連盟所属時代には朱星とは因縁があると周囲からは思われていたが実際には少し異なる。

すき間をみつけて居座っている
青鈍鉱山編 1/4(あるいは再開)

骨なぞるシグナル
青鈍鉱山編 2/4(あるいは転換)

君をときどき呪ってるんだ
青鈍鉱山編 3/4(あるいは激励)

熱のあと、反芻の国
青鈍鉱山編 4/4(あるいは道連れ)

拍手

[top]