もし、夢のチケットを手に入れられたら

それは、未来への希望に繋がるのかもしれない

辛かった日々を少しだけ良く出来るかも知れない



〜こちらは読者登録者だけの小説になります

ご了承くださいませ〜