2


「まーくん…」


焦りと心配の色を含んだ声に怠く重い瞼を持ち上げると、蒼が不安そうな表情でこっちを覗きこむようにしていた。


「…あお、い…?」


口から出る声が震えていることに気づいた。
喉の奥が、熱い。

気づけば…何かあったかいものがたくさん目から溢れてシーツを濡らしていた。
呆然とする。


「…え?」


(なんで、涙が…)


「何か悪い夢でも見た?」


安心させようとしてくれているのか、よしよしと頭を撫でてくれる蒼に「だ、い、じょうぶ」と涙を拭いながら上半身を起こす。

ああ、身体の節々が痛い。

頭がぼーっとする。
彼の心配そうな表情に夢の内容を話そうとして…でも、「…なんの夢だっけ…」と呟く。
……どれだけ考えても、全く思い出せない。


…そんなことよりも。


「…いてくれたんだ」


そしてずっと手を握ってくれていたらしい。
手が、あたたかい。
よかったと安堵の息を漏らして、その手を握りしめればきゅっと握り返されることが嬉しい。


「まーくんをこんな状態のまま、ひとりで放っていけるわけないだろ」

「…ありがとう」


照れくさくて、嬉しくて…お礼が少し改まった感じになった。
今日は蒼にお礼を言ってばかりだなと思って笑うと、彼もふ、と安心したような笑みを零して「体調はどう?」と聞いた。


「…うん。さっきよりは大分マシになった」


まだちょっと怠いけど。
ふと辺りを見回して、時計を探す。
部屋が暗いから20時くらいかな。

そんなことを考えてふいにその時計に示された数字が目に入って、「え?!」と思わず驚きに声を上げた。


(…午前5時)


昨日家に送ってもらったのが、18時過ぎ頃だったから、約11時間たったことになる。


「あ、蒼…っ、ごめん…っ」


ずっとそばにいてくれたから、結果的に家に縛り付けることになってしまった。

…心配させた挙句に、迷惑をかけてしまった。

どうしよう。どうしよう。
バクバクと心臓が動いて、その申し訳なさに下げた頭を上げることができない。


「あの、家の人には…っ」

「大丈夫。なんとかしたから」



微笑んでそう言った蒼に「ほら、ベッドに戻って」と肩を優しく押されて、またふわふわの布団の上に寝転がった。



「ご、ごめん…っ、本当に」

「いいよ。まーくんの方が大事だから」


前にも似たようなセリフを聞いたなと少し既視感を覚えつつ、もう一度「ごめん」と謝る。


この埋め合わせは今度必ずなんとかしよう。
そう心に決めていると、ふいに蒼が立ち上がる。



「何か飲み物持ってくる」

「あ…っ」


そう言って離された手に、寂しさのあまり小さく声を上げてしまってからすぐに後悔した。


手を繋いでないと嫌だとか、どんだけこどもだよ…おれ。

…と、そんな幼稚な自分の反応を恥ずかしく思う。

彼はそんなおれの頭を撫でて「すぐ戻ってくるから」と微笑むから、その優しい手と笑顔に安堵してベッドに身を沈める。

…そういえば、喉カラカラだ。

よくわかったな…蒼はやっぱりすごいな…なんて考えながら、熱に浮かされたような頭でぼーっと天井を見上げていると。


「持ってきたよ」


そんな声とともにペットボトルに入った水と、タオルを持った蒼が現れた。

タオル…?

呆けながらそれを認識して、気が利くなぁと改めて彼のすごさに感心する。


「ありがとう。…あっ」


お礼を言いながら上半身を起こしてそれを受け取ろうとすれば、手に力が入らなくて床に落としてしまった。

熱のせいで震えて、脱力したように制御の効かない手は役に立たない。
落としたものを取ろうとベッドから手を伸ばそうとすれば、制止された。


「俺が取るから」

「あ…の、ごめん」


本当に、迷惑しかかけてない。
落ち込みながら、ペットボトルを拾ってくれるのを目で追う。


「…へ?」


そして何故か彼はそのペットボトルに口をつけ、飲もうとしている。

その動作を見ながらそんなに喉が渇いてたんだななんて納得していると。


「…え、」


……蒼が、布団に手をついて身を乗り出してくる。
な、なんなんだと反射的に後ろに下がろうとすると、指先で顎を掴まれて口を塞がれた。
prev next


[back]栞を挟む