6

でも、それのせいで余計に熱が上がってると思う。


「…ひあ?!?」


性器に何かが触れて、それがあんまりにも冷たくてひんやりしてて、悲鳴のような声が口から出る。
びくりと身体が大きく震えた。


(…というか、これ、は……)


この性器に触れる感触は…。

冷や汗…よりむしろ熱やら焦りやらパニックやらで発汗状態のおれはハッとして。
まさかとそっちを見れば、…ああ違えばいいな違ってほしいなと思いつつ視界に入ってきたのは。


……やっぱり思った通りのものだった。


性器に触れる、蒼の手。

でも、その顔が無表情で、絶対変な気を起こしてるわけじゃなくて、純粋に拭いてくれようとしてるんだと分かってる。

…わかっては、いる。


でも


「待って待って待っ…て……」


動揺と熱のせいで声が掠れてる。
うまく声が出ない。
でも、必死に止めようと喉の奥から声を絞り出す。


止めないといけない。

…今は、本当に、まずい。

いや、今じゃなくてもまずいんだけど、今は殊更やばい。
必死にできる限り大声を出したけど、頭がガンガン叩かれているように痛くて呻いた。

(…やばい…吐く)

揺らぐ視界に耐えて、口を手で塞いでいると。


「…まーくん、勃ってる」

「…っ」


そのおれのソレをじっと見て、ぽつりと呟かれた声にカッと頬が熱くなる。
い、いや、別に図星じゃないんだけど…、というか、別に身体を拭かれることに性的興奮を覚えたとかではなく…。
吐かない程度に身体を起こして、布団を下半身の上にかけてそれを隠す。
熱い。色んな意味で身体が熱い。

蒼から顔を逸らして、ぼそりと呟いた。

ああ、もう、やだ。


「その…おれは…多分すごく人一倍くすぐりが弱くて、…そのタオルの感触に耐えてるときとか、その…蒼が変にいたずらしてくる時とか……に……」


…はい。正直言うと勃ちました。

友達に看病してもらってたのに、勃ってしまいました。

もう顔も見られたくなくて、そこらへんにあった枕を掴んでぎゅっと胸元に抱えて抱きしめた。
もふもふのつめたいシーツ素材に顔を埋める。
もう窒息したってかまわない。友達にこんな姿見られるくらいなら、枕で窒息してやる。


「……」


無言になってしまったらしい蒼とこの空間に居たたまれない。
恥ずかしい。死ぬ。


「う、ううう」なんでおれは今病人なのにこんな羞恥心に駆られて熱が悪化して身体もいたくて友達の前なのに羞恥心でいっぱいになってるんだろう…。

…というか、一応多分蒼はほとんど真剣に身体を拭いてくれて、それに勃つっておれ…変態みたいだし、しかも一生懸命やってくれた蒼に申し訳なくて情けなくて穴があったら入りたい気分になる。

目頭が熱い。


「……ご、ごめ…っ、蒼…っ、一生懸命にやって…っ、くれたのに…っ」


最早若干泣きかけて、ああもう情けない死にたいと枕を濡らす涙が顔に触れてあたたかい。
……やっぱり軽蔑しただろうか。
おれがこんなに看病してやってるのにこいつは勃起してたのか、と…蒼は思っただろうか。


「……」

「…うあ…」


何の反応も返ってこないから、余計に不安になって怖くなって辛くなって居たたまれなくて、本気で涙が零れる。ひっくひっくと、しゃくりあげながら枕に突っ伏して泣く。


「……」


ぎしりと床が軋む音が聞こえた。
ああ、やっぱりため息をついて出て行っちゃうのかな。おれに呆れたかな。もうこんな変態と友達でいるのさえ嫌だと思ったかな。
prev next


[back]栞を挟む