10

何故か心底嬉しそうなその表情に抵抗の声を上げようとした途端、顎を掴まれてまた口を塞がれた。


「…涙目なまーくん、可愛いすぎてとまんない…」

「…ふぁ…っ、…んっ、や…っ、ぁ…っ」


唾液が口端からとめどなく溢れて、それが頬を伝っていって気持ち悪い。


やだって言ってるのに。

必死で抵抗してるのに。

それさえも蒼にとっては性欲を掻き立てるものでしかないようで、おれが抵抗するのを見る度嬉しそうに顔を歪めるからどうしようどうしようと焦って、せめて脚を動かそうすれば、そうだった今は何も履いてなかったんだと思い出して暴れようにも暴れられない。

それどころか、脚の間にある蒼の膝がおれのソレをぐりぐりと擦るように踏んできて、「…っ、」痛みと同時に快感が走る。


「…っ、ぁ゛…っ、は…ッ、ぁ…っ、やめ…っ」

「気持ちよさそうな顔してそんなこと言っても…説得力無いよ」



制服の布が性器を摩擦して、その膝の圧迫がむき出しの性器を直に刺激して。
既に硬く勃起して敏感になった性器にその刺激は辛い。
すでに性器からとろとろと零れていた先走りの量が増えて、じわじわと蒼のズボンを汚していく。

…でも、おれにはそれに抵抗する術もない。

必死にネクタイで纏められた手を動かすことで精一杯だ。


「…んぅ…っ、ふぅ…っ」

「あはは、頬が赤くなった」

「ち、ちが…っ、熱、で…っ」


揶揄うような声に、反射的にそう答えたけど、本当のところ自分でもどっちなのかわからない。

…もしかしたら両方かもしれない。

なんて、こんなこと考えてる場合でもなくて、蒼をとめないといけない。

…今回は前よりも危ない。


(……主に、……おれが)


このままだと性器に集まった熱が放出されるのも時間の問題で。
血流の集まったその場所が、ビクビクと震えている。
最早膝で擦られる性器からは、ぐちゅぐちゅと卑猥な音が聞こえるほどになっていた。


「ぁあ…っ、やぁ…っ、ほんと…っ、や…め…っ」


生理的な涙が零れる。
舌を絡められ、性器は膝で刺激されて、こんなのでイかないほうがおかしい。


「俺の顔…見ながらイって」


必死にこみ上げる快感にこらえて顔を背けようとすれば、蒼によって顎を掴まれて視線を無理矢理合わせられる。
その途端蒼が綺麗な微笑みを浮かべて、恍惚とした表情でおれの頬を舐めた。ぬるりとした感触に、背筋が寒くなる。
やだ。やだ。やだ。


「…嗚呼、感じてる顔凄くイイな」

「…っ、ふ…っ」


その言葉にぞくりと身体が震えて、そんなおれの反応がまた蒼を喜ばせる。
そのことが見て取れるようにわかって、余計に心の中に湧き上がる恐怖を増幅させた。


「ネクタイほどいて…っ」


唇が離れた瞬間に掠れる声でそう訴えれば、彼は「いやだ」と子どもみたいな表情で首を振って、おれの性器を踏んでいる膝を思い切り動かした。
prev next


[back]栞を挟む