2019/08/14

Untitled

朝顔や 散骨前の水やりに

 cm(0)

2019/06/23

Untitled

マレーグマ 東を向いて氷水

 cm(0)

2019/06/22

Untitled

あいの風 はちまきほどき昼の顔

 cm(0)

2019/06/21

Untitled

生きてこそ アフリカ象の眠る夏

 cm(0)

2019/06/20

Untitled

野良猫に指を噛ませて夏の宵 

 cm(0)

2019/06/19

Untitled

スカールを追い越し峠道に果つ

 cm(0)

2019/06/18

Untitled

ヤブイヌの空室夏の雨の降る

 cm(0)

2019/06/16

Untitled

海霧や ヨツユビハリネズミのお墓

 cm(0)

2019/06/16

Untitled

カリフォルニアアシカ 夏の夜にとぶ

 cm(0)

2019/06/15

Untitled

スロープをのぼる少女や夏の霧 

 cm(0)

2019/06/14

Untitled

白くまの尊厳 夏の雨の朝 

 cm(0)

2019/06/12

Untitled

ライオンの仔や夏夕立を連れてきて

 cm(0)

2019/06/09

Untitled

バーボン樽へダイブ夏の夜の嘘

 cm(0)

2019/06/08

Untitled

午前二時 真白い夏の夜のキス

 cm(0)

2019/06/07

Untitled

美女桜 特攻服を喰んで朝

 cm(0)

2019/06/06

Untitled

ライラック 左にバール 右に愛

 cm(0)

2019/06/05

Untitled

あぢさいや直管排気音を堪え

 cm(0)

2019/06/04

Untitled

あぢさいや すべてをゆるしたもふたり

 cm(0)

2019/06/02

Untitled

あぢさいや 立ち入り禁止のあだしのに

 cm(0)

2019/06/01

Untitled

あぢさいや 見知らぬホンダのそばに咲き

 cm(0)

2019/05/31

Untitled

あぢさい路 地下足袋水たまりを蹴って

 cm(0)

2019/05/30

Untitled

あじさいや 友達ひとり減った朝
あじさいのつぼみさんざめいて夜明け

 cm(0)

2019/05/29

Untitled

あぢさゐや オイル香に包まれしゆうべ

 cm(0)

2019/05/28

Untitled

あじさい夜半 朽ちてつぼみに戻りけり

 cm(0)

2019/05/26

Untitled

あじさいを初めて知った朝に逝く

 cm(0)

2019/05/25

Untitled

紫陽花に筋を通さぬご挨拶

筋という言葉をいれれば、なんかヤンキー漫画発想句っぽくおもえます。

 cm(0)

2019/05/24

Untitled

あじさいのつぼみの脇のしけもくや

鎌倉に行きました。
まあ人が多いのなんの。
そして、あじさい句しばりのネタが尽きそう。

 cm(0)

2019/05/20

Untitled

紫陽花や 直管排気音に負けぬ

ヒロキヨ句のつもりです。

 cm(0)

2019/05/19

Untitled

見捨てないでぼくを 紫陽花項垂れる


クルスくん句です。
クルスくんも、本音と表面と、その奥の奥の本音がまったくわからなくなってる人ですね。
丁寧な絵で見たかった物語です。

 cm(0)

2019/05/18

Untitled

あじさいを見に行きませんか 世迷言

あじさいの径をそめゆく排気ガス


一句目は土屋句のつもりです。ねごとで、緋咲さんをあじさい見物でえとに誘っています。

二句目はオールマイティに。鎌倉は、北鎌倉に成就院とあじさい名所がおもいうかぶけど、横須賀はどこなんだろう。横浜は、港の見える丘公園のあじさいを思い出しますね。

 cm(0)

2019/05/17

Untitled

紫陽花が 聞き流したるひとりごと


クルスくん句です。
成就院の石段の下にバイクをとめて、紫陽花のそばをぬってのぼっていき、階段にこしかける。
朝の鎌倉の海。
一気にひろがる由比ヶ浜、そのむこうの逗子マリーナをのぞみながら、膝に顔をうめる。
クルスくんのぼそぼそとぶきみで不穏なひとりごとを聞くのは、朝露にぬれたあじさいのみ。

 cm(0)

2019/05/16

Untitled

紫陽花をむしる 成就院に啼く


クルスくん句です。
ないているのは、クルスくんでもカミナリマッパでもいいです。
クルスくんは江ノ電沿線住民。
いろんな秘密の場所を知ってるんだろうなと思います。
それをいつか拓ちゃんに教えたいのかな。

 cm(0)

2019/05/15

Untitled

あじさいや 特攻服を淡く染め


次回の俳句教室の兼題が「あじさい」なので、一ヶ月間あじさいチャレンジをしようと思います。
あじさいは、類想が本当に多いので困りものですが、まずはこつこつつくるのみです。
特攻服というキーワードとあじさいをくみあわせる安易なものから。
雨上がり、雨にぬれたあじさい。成就院でもいいですが、港の見える丘公園でもいいです。
ひとっぱしりおえたあと、あじさいのそばでたばこを吸いながら、
ロング特攻服のすそが雨とあじさいの色にぬれてうっすらと染まっている、そんな情景です。

 cm(0)

2019/05/14

Untitled

絶版車 繰ってカーネーション買いに

これも秀人をイメージしました。
私が通っている俳句教室で、特攻の拓句ということは伏せて提出したのですが
「50代の放蕩息子が改造車を乗り回している」という解釈をよび、場がおもいがけず和んでいました。

秀人は実家にふつうにくらすふつうの少年だとおもっているので、
母の日は、大きな音をたてる単車で、感謝のきもちを示しにいくのではないかと思っています。

 cm(0)

2019/05/14

Untitled

風光る さびしい墓碑に缶コーラ


秀人をイメージしました。
風光るという季語は、秀人にぴったりだと思います。
さびしい墓碑は、ミツルくんの墓碑のことです。
クローズで、陣内のお墓にペットボトルのコーラが供えられていたことを思い出して、引用しました。

 cm(0)
prev or next
ALICE+