haco

明日の風

(※会話文のみ)

「ねぇ、もう言っちゃいなよ君は何が目的でこんな事をしたの」
「何度も言うが答える筋合いはない」
「君って口が固すぎるんじゃない??そのうちカビでも生えちゃうよ?」
「…なぜ助けたんだ」
「もうそれ聞くの何度目?…僕のせいで死なれたら後味も目覚めも悪いからね。」
「…」
「はぁ、そうやって黙って助けられてればいいんだよ全く」
「…シュリルは、」
「ああ君のこと今日も健気に待ってたよ、早く会いに行きなよ。
 ぼくの大切なトモダチを悲しませてさ何やってんのさ」
「…」
「まったく…」
「お前」
「なに”マターさん”?」
「やめろ…近いうちにここを出て彼女に会いに行く」
「もう十分介抱したし動けるでしょ、早くシュリルのところに行って安心させてあげなよ」
「彼女に合わせる顔がないな…」
「あとさ君の後ろに黒幕の事なんだけど」
「……」
「お前が生きてるのバレたらどうするの。
 言うけどシュリルだけは危険な目に遭わせないでよ」
「…ああ分かっている。それに」
「それに?」
「どうせあの御方の事だ、私の事など既に見捨てたかもしれない、」
「ふーん、かわいそうにねえ」
「……カービィ」
「何だい?ダークマター」
「何れお前はあの方と戦うことになるだろう」
「君と戦って僕が勝った時点でそれは絶対だろうね」
「そうしたら、私と同じように…」
「それは相手次第だよ」
「……そうか」
「君はさ、シュリルと一緒に居た事でただの悪者じゃなくなったから助けられたんだよ」
「……」
「そいつが本当に侵略が目的で来るなら説得は無理な話だ、…でもさ」
「…?」
「さっきああ言ったし危ないけどさダークマターが説得すればいいんじゃない」
「それは、…」
「部下の言葉に耳を傾ける良い上司なら大丈夫だと思うよ」
「弟君ならまだしもあの御方に限って…」
「やっぱり頭が固すぎというか何というか」
「頭が固いことは認める…、」
「ぷぷぷ、まあ僕なりにも頑張ってみるよ。だからさ、ダークマター」
「なんだ、カービィ」
「その来るべき時までシュリルと毎日楽しく過ごしなよ」
「あぁ」
「大切な人や友達がいると明日が好きになれるものだよ」
「カービィ」」
「何だいダークマター」
「その、…感謝している」
「どういたしまして」

(あとさ今度名前もだけどデデデや皆に謝りに行きなよ)
(無論、迷惑をかけたんだ。…そのつもりだ)
(じゃあさ、ダークマター。)
(なんだ…?)
(僕とも友達になろうよ)
(……お人好しで能天気な奴だ)



2020.10.12 加筆修正
2020.05.05 加筆修正

/lain0x2/novel/1/?index=1
since,2011.01.01~2020.01.01 / 野箱