戯言と笑ってください


「はい、ノート」

「おーサンキュー!愛してるぜー!!」

「はいはい」


呆れたように笑うその手から、ノートを受け取る。
一日一回は言っている気がする言葉に、重みが全くないことは重々承知だ。

でも、気付いてるか?
俺はこの言葉、お前以外には言ったことないんだぜ?
あの潔子さんにだってだ。

“美しい”とか“麗しい”とか、そういう言葉は確かにたくさん使ってる。
けどそれは、あくまで潔子さんを形容する言葉だ。

“愛してる”は、俺の気持ち。

そう簡単に、ほいほいいろんな奴には言わねぇよ。


「お前、あの子には軽いよなー。もしかして本気とか?」

「バカ言え!これは俺なりの感謝の気持ちだ!」

「そうだよな」


けど、これは絶対誰にも悟られちゃなんねえ。
とっぷしーくれっとってやつだ。


「あの子、彼氏いるしな」

「・・・おーそうそう。だが本気ならばそんな障害もなんのその!」

「当たって砕ける系男子2014」

「んだとぉ!?」


障害もなんのその。

それはアイツが、あの男の隣で幸せそうに笑ってなければの話だ。

俺はアイツが笑ってくれれば十分だから。

初めてアイツの前で「好きだぜ、」って口が滑ったとき、嬉しそうに笑って「ありがと、」と言った顔が忘れられない。
あぁ俺はその程度の存在なんだと思い知らされるのと同時に、その顔をまた見たいと思っちまった。

だから俺は、何度でも繰り返す。

軽くて本気な、愛の言葉を繰り返す。


俺のアイラブユーは、アイツが笑うための哀言葉。



back