プロローグ


( 1 / 41 )




私は今家である俳優さんの出演しているバラエティー番組を見ている。



今度、好きな俳優の彼が主演を務めるドラマの番宣である。


ドラマの内容は恋愛モノで恋人役を務めるのは私が勝手に敵対しちゃってる美人女優──。

もちろんドラマの中でのことだって理解はしてる。

でも、どうしても許せないんだ。



そんな美人女優も彼と一緒にそのバラエティーに出演している。

しかも生放送で───。

















───そう、実はその人気俳優の彼こそが…。

私の大好きな俳優で彼氏だったりするのだ。






──出逢ったのは本当に偶然だった。


まさか俳優の彼とあんな場所で出会うなんて……。

想像はおろか予想もつかなかった───。


.



[ -41- ]

[ Prev Top Next >> ]



☆ページ移動☆

.