たまには息抜きも必要である


カンポウの所でのバイトが決まってからというもの、配達や薬草調達のバイトをこなしつつひたすら薬草の勉強もとい旧字を読む練習をする日々が始まった。
勉強中もカンポウは時給を出すと言い、イーブイがいることで今まで以上に家計が嵩むようになったアッシュには有難い申し出であった。

「うーん…」

ぱらりぱらりと古い薬草帖のページをめくりながら食い入るように見つめてみるが成果が得られず、いつの間にか止めていた息をふぅっと吐き出した。
最初の数ページは頭に入ってきているので手書きの絵や写真を見ればすぐに何が書いてあるかは分かってきていたが、それは暗記に過ぎず読めているわけではないのだ。
読めるようになるのは一体いつなんだろうな、とほうけているとバシンバシンと何かを叩く音が聞こえてきてそちらを見た。

「どうした?」

音はするものの、イーブイの姿は完全に棚の後ろに隠れてしまっていて何をしているのかイマイチ見えない。
その間にも続く不穏な音に棚裏を覗き込むと、イーブイはポケモン用の玩具のボールを尻尾や前足を使って器用に叩きつけていた。

「おいおい、一体どうした?」

何事かとアッシュは驚いて声をかけるが、イーブイはそんなこちらを見向きもせず玩具をバシバシと叩いたり振り回したりして遊んでいる。
使い方としては合っているのだが、それは子供が無邪気に遊んでいるというよりはどうしようもないストレスをどうにか発散しようとしているように見えた。

「あー、ちょっと出掛けようか」

流石にこもり過ぎたらしいと悟ったアッシュがそう声をかけるとイーブイはピタリと動きを止めてこちらを見やりった。
気をつけているようだが、ゆらゆらと心無しか尻尾を揺らしているのでどうやら喜んでいるらしい。
さて何処へ行こうかと考えてみるが、明日にはまたバイトが控えている為あまり遠くに行くことは出来ない。
アッシュがすぐ行けそうな場所はその辺りの草むらくらいしか思いつかなかった。
どうしたものかと首を捻ったところでそういえば自然公園には行ったことがないということに気づく。
広い園内を通ると遠回りになってしまう為、アッシュは基本配達の時には道らしい道がない獣道を辿ることが多いのだ。

では早速自然公園へ行こうと準備をし、適当にいつもの上着を羽織り外に出た。
せっかくの散歩なのでイーブイはボールから出したままである。



自然公園に到着すると、なにやらイベントが行われているらしく人が集まっているのが見えた。

「なんか騒がしいとこだなぁ」

アッシュがぽつりと呟くと、それに呼応するようにイーブイが鳴くのが辛うじて聞こえた。

「何かやってるのか?」
「虫取り大会だよ!」

ガヤガヤと公園の入り口付近に集まる集団の一人の少年にアッシュの呟きが聞こえたらしくわざわざ教えてくれる。
なんでも毎週決まった日に虫取り大会があるらしく、今日もそのために参加者はこうして登録をするらしい。
その間勿論園内は普通に開放されているので参加しない人達は思い思いに過ごすことが出来るとのことだった。

教えてくれた少年に礼を言い、勿論参加しないアッシュは入り口に向かおうと歩き出したのだが、途中で右足に負荷がかかる。
ズボンの裾に噛みつかれたのだと気づき、一度足を止めると、

「どうしたイーブイ」

ゆっくりと下を向くとズボンの裾を噛んだまま珍しくキラキラした熱い視線を何処かに送るイーブイがいた。
イーブイの向いている方を見ると、参加した際の賞品が飾られているが、どうやらその中でも二等に当たる丸い石が欲しいらしい。
何に使うものなのかは分からないが、見た目はただの丸い石のように見える。ちょっと艶があるかなというのは分かるがそれだけである。なぜ欲しいのか正直イマイチ分からない。

普段横暴な態度を取るイーブイだが、食事以外で何かをアッシュに強請る事はかなり珍しい。
そのイーブイが欲しい欲しいと言っているのだからあの石を余程気に入ったのだろう。
まあそもそもイーブイの気分転換の為に来たのだから、やりたいなら参加すべきだろうとアッシュも参加するべく少年の後ろに並ぶことにした。

- 32 -

*前次#


ページ:

【TOP】

ALICE+