2


お邪魔したマツバの家は最早屋敷と呼ぶに相応しく、塀の向こう側には趣きのある庭も広がっている。
すぐに板の間がある畳張りの客間らしき部屋へと案内されたアッシュは、周囲を見渡した。
開かれた障子張りの襖からは先程進んできた縁側が見え、その先には最初に見た美しい庭が覗いている。
板間にも何やら水墨画と生け花が飾られており、よく手入れされているようであった。
キョロキョロと部屋の様子を観察していると、突然後ろから冷っとした冷気を感じてアッシュは飛び上がる。

「ゴースゴスゴス」

驚いたアッシュを見てしてやったりといった風のゴースは嬉しそうに空中で一回転して見せた。
イーブイは物凄く嫌そうな様子であるが、ゴースの方は相も変わらず全くもって気にしていないらしい。
元気かと聞かれたのでこくりと頷くと、足元でイーブイがケッとイーブイに有るまじき鳴き声を上げた。
どうやら技が効かないのが相当気に入らないらしい。
そんな事をしているうちにお茶を取りに行っていたマツバが戻ってきたようで静かに襖が開かれる。

「こんな感じで僕とゲンガー達しか住んでないからあまり硬くならず寛いでよ」

とクスクス笑うマツバの様子に、どうやらマツバが出ていく直前き物珍しげに見ていたのはしっかり見られたらしい。
それに気付いたアッシュは手渡されたお茶を飲んでごまかした。
アッシュが買ってきた菓子折りお茶請けにして、離れていた間にどんなことがあったか互いに話し合う。
その間、イーブイはアッシュの隣で昼寝をしており、ゲンガーとゴース飽きたのかは何処かへ出かけてしまったらしい。


マツバは最近あったジムでの事を話し、アッシュはマツバが興味津々だった新しく学んだ薬草の事などを主に話した。
カンポウと話す以外で薬草の事を話すのは始めてだったため、思わず夢中になって話した後になって話しすぎた事に気づいたアッシュは誤魔化すように苦笑する。
気にしなくていいよと笑いながらお茶の追加を取りにマツバが席を外したのを機に、アッシュはふうっとため息をついた。
マツバが戻ってくるのを先程よりも大分リラックスした気持ちでのんびりと寛いで待っていると、足音がどんどん近づいてくる。
スッと静かに歩くマツバのものとは違う重い足音に誰だろうかと顔を上げると、どんよりと影を背負ったマント姿の青年が入ってきた。
その瞬間、驚いて毛を逆立てたイーブイがカーッというような威嚇の声を上げてアッシュの前に立つ。

「え、と……どちら様?」
「あぁ、僕の古い友人でね。ミナキ君と言うんだ」

アッシュにもイーブイにも見向きもせず、何やらブツブツと呟きながらすぐ隣で両膝を抱え出した彼を見ながら驚いていると、戻ってきたらしいマツバが彼に代わって紹介してくれる。

「彼はあのスイクンを追っているんだけど、最近めっきり会えないらしくてね」と言われたが、アッシュはそもそもスイクンがどんなポケモンなのか分からない為首を捻った。

「スイクンって?」
「スイクンを知らないだって?!」

それまで廃人のようにブツブツと呟いていたミナキがガバッと顔を上げてアッシュの両肩を掴んだ。
その瞬間、ミナキの突然の動きに驚いたイーブイがアッシュと同じようにビクリと固まったのが視界の端に見えた。
がばりと起き上がって此方に詰め寄ったままの勢いでミナキは焼けた塔の伝説は知っているかと聞いてきたので、アッシュは雰囲気に呑まれながらも何とか知っていると答えた。

「蘇らせたポケモンはホウオウと言い、ホウオウに蘇えらせてもらったのがスイクン、エンテイ、ライコウの三匹だ」

いつだったか、焼けた塔の前で会った老翁から聞いた話を思い返していると、他の三匹のことはそっちのけでそのままスイクンの素晴らしさを延々と説明される。



数時間後、マツバの「ご飯だよ」という声が掛かるまでアッシュはその状態のまま動くことが出来なかった。
動こうにもアッシュに詰め寄ったミナキは逃げる暇も与えない程延々スイクンの話をし続けていたのである。
マツバやイーブイは途中で早々に退散していた為、アッシュが食卓に着くといつの間にか帰ってきていたゲンガー達と共に、イーブイはフーズを既に食べ始めていた。
恨めしげにマツバを睨むと「まぁまぁ、お詫びに泊まって行くといいよ」と言われ、色々言いたいことはあったのだが美味しそうな食事に釣られて結局アッシュは用意された席に着く。
そんなアッシュに呆れるイーブイであったが、フーズを噛み砕く事でストレスを吐き出し直接口に出す事はなかった。


- 40 -

*前次#


ページ:

【TOP】

ALICE+