15


―――――瞬間。


バキッ。

そんな鈍い音がして、瞬きをした瞬間には目の前から男の姿が消えていた。


(…なに、が)


状況を把握できずに、とりあえず身体を起こす。
蹴り飛ばされたらしい男が、苦しそうに横っ腹をおさえて呻いていた。


「………」

「――っ、げほっ、はぁ…っ、なんで――っ、君がここに…っ」


いつの間に部屋に入ってきたのか、目の前に立つ……蒼の姿に
男は、信じられないというように目を見開いて、げほっと咳き込んで血を吐いた。


「俺の大事なまーくんに、何してくれてんの?」

「ぐっ、」


蒼はためらいもせずに、間髪を入れずに男の前髪を掴んで、膝でその顔を蹴りあげる。
小さく悲鳴を上げたその男は、鼻血を手で拭ってへっとあざけるように笑った。


「…ッ、蒼くん、ひどいな」


手についた血を見て、男は軽い口調で呟く。


「死ねよ」


低い声でそう呟いた蒼が、足で思い切りその局部を踏みつけた。
ぐりぐりと強く踏まれた男は、甲高い悲鳴を上げる。


「―――うあああッ!!」

「汚いモンをまーくんに触らせんな」


悲鳴をあげた男は、冷たく見下ろす蒼に対して、何故か興奮しているかのように頬を赤らめた。
身体が恐怖からか、興奮からか、震えているのが見える。


「あは。あはは。蒼くん、イイね。その表情…ッ、ぞくぞくする」

「…気持ち悪いんだけど」


心底鬱陶しそうにそう吐き捨てた蒼は、男の局部から足を離した。
そして履いていた靴下を汚いものを見るかのような目で見て、ため息をつく。


「あーあ、もうこれ使えないな」


ぽいとそれを床に放り捨てて男から目をそらし、俺の前にしゃがみこんだ。
……黒色の髪と綺麗な顔。
それは同じなのに、でもいつもの表情は浮かんでなくて、息を呑む。


「まーくん、大丈夫?」


何の感情も浮かんでいない、彼の瞳。
それがどうしようもなく怖くて、反射的に体が震えた。


「…あお、い…」
prev next


[back]栞を挟む