奔走


「おい!べには居るか!?」


自動ドアの開くスピードすらもどかしいと言わんばかりの勢いで訪れた突然の来訪者に、驚くのは子どもばかりではない。


「ど、どうしました?専務」


奥から出てきた先生を見つけて、状況が飲み込めず固まってしまった周囲の子どもたちを鋭い視線で見回しながらズンズンと大股に近づく。


「紺野が逃げた!目的なんてわかりきったことだろう!」

「えっ…!あ、べにちゃんなら、そこに…」


そう言って手招きをすれば、恐る恐る、という風ながらも大人たちに近づくべに。
けれどすぐ先生の足にしがみついて隠れるべにに、さすがの専務も自分の態度に気がついたようだった。


「…チッ、もし紺野がここに来たり、べにが居なくなるような事態になったらすぐに知らせるんだ!」


早口にそれだけ言い捨てると、来た時と同じように余裕なく出て行く専務。
その背中が扉の向こうに消えて荒い足音が遠ざかり、扉が場違いなほど静かに閉まる。


「…仕事増やすんじゃねーよ」


それと同時にわっと部屋に広がった泣き声に、先生は頭痛を感じながら振り返った。


「…節穴でよかったわね?」

「ほんとそれな…お前の演技力の無さにビビったわ…」


視線の先、奥の部屋から出てきたのは、紺野と上野。
大して隠れる場所もないこの空間、もし奥の部屋に顔を入れさえしていたら、あっという間に見つかっていただろう。
わざとらしく額を拭う上野にふん、と鼻を鳴らした先生は、「さ、」とべにの背を押して促す。
おず、と前に出たべにの顔色を見て、上野は今度は素直に口を開いた。


「ありがとな。子どもらの霊力で満ちてるここなら、べにちゃんも元気に過ごせるみたいだな」

「最初家庭教師つけようとしてたからね。よかったわね〜私が上から気に入られるよう立ち回れる人間で〜」

「お前その二面性なんとかしたほうがいいぞ」


子どもを慰めながらの遠慮のない言い合いに置いて行かれる紺野の足元に、そろりそろりとべにが近付く。
本丸ではほとんど見ないその様子ーーー警戒が自分に向けられていると気付き、息が詰まった。


「…おじちゃん、だあれ?」

「………」


当然だ。今は“こんのすけ”ではないのだから。
それでも、“誰?”の言葉に、どう返せばいいのか、見当もつかなくて。
固まってしまった二人の空気を見かねて、上野が助け舟を出す。


「べにちゃんあのな?コイツは紺野、こんのすけだよ!」

「……?こんちゃん?」

「そうそう!仲良しだったんだろー?」

「こんちゃん…おっきいねぇ…」


受け入れがいいのは、普段から刀が人の姿をとるのを見ているからか。
感心したように見上げてくる視線に負けて目を逸らせば、べにが周囲をきょろきょろと見渡しているのが視界の隅に映った。


「きよみちゅ、いない?」


問われて、そういえば最近は加州の肩に乗っていることが多かった、と思い出す。
こんのすけと聞いてそれを思い出すのも、無理はない。


「…今は、いない」

「!こんちゃのこえ!ねーねー、みんなは?おうちかえる?」

「っ…今は、帰れない…」

「…べにいいこしてたらかえれる?」

「…そう、だな…何年かすれば、あるいは」

「…べに、がんばる!いいこ、する!」

「………」


何年か、の長さを分かっていないのだろう。あるいは、と濁した意味も知らないのだろう。
ただただ騙しているだけの罪悪感に一歩下がれば、「形無しだな」と笑い混じりの声が後ろから聞こえる。
無意識に助けを求めるような目になってしまったのだろうか。目が合った上野は少し驚いたように目を見開いて、仕方ない、とでも言うかのように苦笑してみせた。


「さ、べにちゃんはコイツに預けて、次行こ、次」

「え…」

「べにちゃんのことは任せなさい。本丸では経験できなかったこと、色々させといてあげるから」


真っ直ぐに言われた言葉は、安心して任せられる強さがあって。
「じゃあ任せたぞー」の声に釣られるように、ぺこりと頭を下げてその場を後にした。
ーーーべにの視線は、意識しないように。






「…あのままあの場所で育てば、安定して霊力も供給されるんじゃないのか?」


ここまでのこいつの行動で、こいつが目指す未来はわかった。
けれどそれ以外にも、安全に生きられる空間があるのなら、それでもいいのではないか。
そんな思いも込めて前を歩く上野に話しかければ、振り返ることもなく手をピラピラと振られる。


「俺あそこ好きじゃないんだよね。政府の都合のいい人間を育てるための施設だから」

「ーーーだが、彼女なら、」

「6歳になる年から、管轄が変わるんだよ」


ーーー成る程。
流石だ、と思わず感じてしまう。
無垢な人間を一人の考え方に染めるのは簡単だ、そこへの対処がしっかりと為されている。
…この状況でなければ、素直にそう思えたのに。


「ほら、足動かせ足。次は後ろ盾集めに行くぞ」

「…後ろ盾?」

「所詮役員の立場なんざ飾り物だからな。ここはやっぱ、名実共に実力のあるやつを使うのが定石だろ…口は悪いけどな」


やれやれ、と仕方なさそうな声で付け加えられた評価に首を傾げつつ、前を歩くその背を足早に追った。





**********
back/back/next