13

そう思った瞬間、口の中に舌と一緒に何かが入ってくる。

固い…錠剤のようなもの。

「…ん、」

そして、口に入ってきたその物体の正体を考えるよりも先に押し込まれたままごくんと飲み込んでしまう。
喉の奥に入って、それが溶けていく。

(ああ、やばい…)

それが何かわかった。
視界がくらんで、身体から力が抜けそうになる。


「…返事はわかってる。…俺が、まーくんに伝えたかっただけだから」

「…なん、…で…」

「…それと、1つだけ…俺からのお願い。…もう二度と、何があってもこの屋敷には絶対に来ないで」


言わなくても来たくもないだろうけど、と自嘲気味に笑う声が聞こえる。


「……ッ」


なんでそこまで、と胸が苦しくなる。
これじゃ、一方的に言われっぱなしのまま終わってしまう。


「――っ、ぁ、」


(いやだ、そんなの、嫌だ――)


心が叫ぶ。
嫌だと、そんなこと言わないでくれと声にならない声で叫ぶ。


絡めた指の感触だけが、そこから伝わってくる体温だけが、これは現実なのだと俺に告げてくる。
…繋いだ手を、離したくない。

ここで目を閉じてしまったら。

ここで眠ってしまったら、もうこの先二度と会えないような気がして、


「俺、は…ッ、」


自分でも、何を言おうとしたのかわからない。
でも、何かを伝えたくて。
このまま離れるのは、どうしても嫌で。
考えるよりも先に口が動いていた。


「…ッ、おれ、は……」


(…だめだ。)


もう、だるくて、口が動かない。
視界がかすむ。
意識が遠くなる。
瞼が重くなる。

完全に身体から力が抜ける前、
俺を見つめる蒼の顔が見えた。



「まーくん、」


「…―――――っ」



(なんで、そんな顔…)




「…ばいばい」



そう呟く彼の声に

結局何かを伝えることもできず、泥のような眠りに押し流されて

…意識を失ってしまった。


―――――――


(嗚呼、)

(目を閉じてしまった)
prev next


[back]栞を挟む