18

タイルに押し倒されて、くちゅりと卑猥な音を立てて蒼のそれが肉を押し広げて入ってくる感触に目をぎゅっと瞑った。
……やっぱり慣らしていない分、無理矢理押し広げられる感覚にぼろぼろと涙がこぼれる。

質量のあるでかい性器が、孔をその形に拡げながら侵入してくる。

裂ける。このままだと裂ける。
痛みを訴える後孔に涙を零しながらぶんぶんと首を横に振った。

怖い。


「痛い…っ、いたい、蒼…っ」

「痛くても、すぐ良くなってくるから」


良くなんかならない。痛いだけだ。

少しずつ入ってくる感触が、怖くて。
強引に挿入されるそれを受け入れるのが、苦しくて。


「…ふっ、ん…ッ、ぁ…は…っ、!」

「ちょっとずつ入ってる」


ぐちゅぐちゅと性器を片手で乱暴に擦られて、やめてくれと呟くことさえできずに、ただ声を漏らす。

……嫌なのに、反応したくなんてないのに。

すぐに硬くなってビクビクと震え始めた性器は、尿道の先端からごぼりと白い液体を吐き出してしまった。

そうして、後孔をほぐすように蒼の太いソレが少し抜かれては挿れられる。その繰り返し。
ぐちゅ、ぬちゅ、

卑猥な音に、耳を塞ぎたくなってせめてもの抵抗で目を背けた。

やっぱりそんなにすんなり入るものでもなくて、
圧迫感のある性器が腹部が苦しくなるほど奥の奥まで後孔に入ってくるのを感じた瞬間、息が詰まりそうになる。

巨大な肉棒の亀頭部分が、俺の孔のナカに呑み込まれていく。

(…苦し、い…)

お腹の中が、押し潰される。


「…っ、ぁ…」


それでも少しでも自分を楽にするために必死に呼吸を整えていると、一瞬ぴたりと動きを止めて、ずるりと後孔から性器が抜かれていくのが分かった。


(…諦めてくれたのか)


ほっと息を吐くと、耳元で小さく囁く低い声音。



「舌、噛むなよ」

「…へ、――ぁ、…っ、や、…あぁ゛ぁあッ――!」


腰を掴んで奥まで一気に挿入されて、瞬間息が出来なくなった。
prev next


[back]栞を挟む