19

「…――キ、ツ…っ、…ほら、見てみろよ」


さすがに締め付けが強いのか、一瞬辛そうに顔を歪めた蒼は、ぼろぼろ涙を流しながら呼吸を整える俺の涙を指で拭う。
嫌だとかろうじで動く首を振っても、顎を掴まれて無理矢理そっちに向けさせられた。


「…っ、は…ッ、」


呼吸が止まるような圧迫感。
でも、ここでまた逆らうともっと嫌な目にあうってことがわかってるから…恐る恐る目を下に落とす。

尻の間に、…小さな穴を広げたそのナカに、鍛えられた腰の下にある…彼の、…ドクドクと逞しく張って赤黒い肉棒をみっちりくわえ込んでいる、そんな厭らしい結合部が見えて、ぎゅん、と下腹部が跳ねて…羞恥と絶望に締め付けてしまう。

見ただけで感じて腰が揺れてしまい、すぐにそこから視線をそらした。

とてつもなく質量のあるモノを受け入れさせられたせいで、孔はもう限界なほど拡がっていて息が苦しい。


「…――っ」


毎日蒼とそういう行為をしているからか、後孔を慣らさなくても、根本まで入ってしまった。
……そのことに何も言えないほどのショックを受けていると、律動が開始されて、せめてもの抵抗で口を手で塞いで声が漏れるのをおさえる。

途中まで入っていた時とは比べ程にならないほど大きい蒼の性器は奥まで差し込まれるたびに呼吸が苦しくなって、でもそれと同時にビリビリとした感覚を全身に与えてきた。

ぐちゅっ、ぐちゅっ。


「んん…っ、ん…っ、」


その部分の温度を味わうように、焦らすように肚の中を掻き混ぜられた。
段々と痛みが薄れ、段々快感の波が広がってくるのを感じる。
肚の奥深くまでギッチギチに入り込んだモノが何度も出し入れされた。
狭い内壁を擦りながら肉棒を抜かれる瞬間、身体の全部を持っていかれてるような感覚に陥る。
太ももの裏をつかまれているせいで、余計に奥までグチュン!と音をたててひくひくと蠢く体内を抉られた。

狭い孔の中の皮膚に擦りつける様に、溶かすように掻き混ぜられて。

…突然、その動きが一気に速度を速める。


「ん…ふッ、んっ!は…っ、ぁ…!!」

「声おさえなくてもいいのに」

「や…っ、は…ッ!!」


その冷たい声に、答えることができずにただ喘ぐ。
シャワーの水が降り注ぐ中、激しい彼の動きに合わせて身体が揺れた。
乱暴に腰を打ち付けられて自然と腰が逃げる様に引いて、でも逃れられるはずもない。

一緒に前の性器も擦られて快感が一気にせりあがってくる。
怖い。怖い。


「…っ、あ、ふぁ…っ」


内股がビクンビクンと小さく震えて、射精感がわきあがってくるのを感じたその時。
これでもかというほど一気に律動が速まって、ぐちゅ!ぬちゅ!パンパンパンパン!と卑猥な水音が浴室に響く。
柔らかい内壁は抜き差しされる動きに合わせて激しく擦られて、細かく痙攣していた。

(やば、い…っ、)

ただ一方的に与えられる快感が大きすぎて、強すぎて声が抑えられない。


「…っあ…っ!ぁ゛、!ふぁ…っ!、や、ぁ…――ッ、」

「…っ、」


びゅるるっ、

激しく腰を打ち付けられて、呆気なく射精してしまった。
蒼の着ている…という表現が似合わない程乱れた浴衣をその白濁液が汚す。
それと同時にナカに熱いものが打ち付けられ、…これでやっと終わったと安心して息を整えながら目を上げると

視線が合った。


「…ぁ…っ、あ、おい?」


その表情に思わず目を瞬いた。

きっと蒼は怒っているんだと思っていた。
勝手に鍵を開けたこと。
俺が、他の男に触られたこと。

(なんで、そんな顔……)

その瞳の奥は揺れていて、まるで行き場を失った子供みたいな光が籠っていた。
どうして自分がこんなに苦しいのかわからない。
どうすればいいか、わからない。

…そう訴えているような表情だった。


「…まーくん」


そう呼びかける声に誘われるように蒼のその表情から目を離せずにいると、その髪から垂れた水がぽたりと落ちて俺の頬を濡らす。

頬を伝うお湯がまるで涙のようで、まるで映画のワンシーンみたいに綺麗で。

今さっき、本気で蒼に触れられるのを嫌だと思ったはずなのに。

そんなことも忘れるほど、その滅多に見ない表情にどうしようもなく胸が締め付けられて、手を伸ばして、頬に触れようとした。

身体を強張らせて避けようとする彼に、また胸が苦しくなる。

――わかってる。

蒼がそんな顔をする原因に、きっと俺も含まれている。

あとは、きっとあの男が言っていた”彼女”が原因なんだろうと、なんとなくわかった。

……朝から、ずっと様子がおかしかったから。

彼は見てるこっちが痛くなるほどの表情で、悲しげに歪な笑みを浮かべた。
prev next


[back]栞を挟む