2

……どうせ、今逃げようとしたって蒼の下で働く人たちに捕まるに決まってる。
この屋敷の人には、顔を覚えられているのだから、逃げたって無意味だろう。

それどころか、蒼の機嫌を損ねるだけだ。

…それに、うまく言葉にできないけど…こんな状態の彼を放っておけなくて、離れたらいけないような気がした、から。

そんなことを考えて、ため息をついた。


「…(それよりも、)」


あの男の言っていた”彼女”。
”彼女”という言葉を聞いた瞬間に表情を変えた蒼。


(……きっと、俺が知らない何かがあるんだろう。)


でも、それは俺が聞けることじゃない。

…蒼のことは好きで、

でもそれは恋愛感情とかではなく、友達としてで、力になりたいとは思う。

……その、ヤるとか、そんなんじゃなくて。

そういうのをなしにして、ただ、何か嫌なことがあるなら力になりたいと、…そう思う。


「……」


ふと、脳裏に蘇る記憶に眉を寄せた。

…蒼は俺のことが好きらしい。


(…それは、恋愛感情で…?)


…考えて、違うな、と思った。

蒼も多分自分でわかってない。

彼が俺に抱いているのは、きっと恋愛感情ではなく、別の――、

そんなことを考えて、その綺麗な黒髪に触れようとしたその時。


ガラリと扉が開いた。



「蒼、ここにいるの?……あら…?」

「…――え」



想像もしない、思ったより少し高めの声に驚いて身体を起こし、そっちを向く。

………高そうな着物を着た20代くらいの綺麗な女の人が、扉の傍に立っていた。
化粧もそこまで厚くなくて、見た瞬間に綺麗だと思った。
prev next


[back]栞を挟む