6




「ぁ…あお、い…?」


なんで、そこまで。
首をふるふると横に振ると、それほど緊張していたのか強張っていた表情を緩めた彼は俺の額にキスをする。
そのやわらかい感触に、一瞬目をつぶった。


「…ごめん。まーくんを怖がらせた」

「……」


ぎゅっと抱きしめられて、髪を優しく撫でられれば、その緩んだ空気にほっと息を吐いた。
怖かった。
蒼の冷たい目が、声が、いつもと全く違って…怖かった。
震える身体に、目を瞑っていると、本当に心底申し訳なさそうに「ごめん」と呟かれる声。


「…でも本当に俺が浴衣を脱がないのは、そういうのじゃないから。安心して」

「……うん」


納得はできなかったけど、一応頷いておく。
顔を上げれば、優しく微笑まれて何も言えなくなる。


(…そうだ。何があったかなんて、元々俺が無理に聞いていい話じゃない)


そう自分を納得させて、手を引かれるままに浴場に足を踏み入れた。
「座って」と言われて、そこにあった椅子に座ると、最初に手にかけて温度を確かめてから、俺の上に温かいシャワーをかけてくる。


「…わ、ぷ」


口と目を閉じて水が入らないようにすると、可笑しそうに笑った蒼がシャンプーで髪を洗ってくれる。

ごしごし。

頭皮に触れる指の感触。
泡立つ泡が髪にまとわりつく感覚。
最初は本当に嫌だったけど案外人に頭を洗ってもらうという感覚は気持ちよくて、くすぐったい気持ちになった。

…まあ、それでも友達に洗ってもらうなんてやっぱりなんか変な感じはするけど。


「…わ、」


気のせいか、いつもの倍くらいのシャンプーが顔に垂れてくる。
う、なんかすごく多い。
どろりと流れてきた泡が口に入って苦い。


「あはは。まーくん苦しそう」

「あ、…ッ、う…」


わざとだったらしい。
文句をいいかけてすぐに口を噤んだ。

だめだ。今、口を開いたら大変な量のシャンプーが入ってくる。
楽しげな声で笑う蒼に、むっと眉を寄せる。
なんだろう。今日の蒼はいつもより、よく笑う。


「流すよ」


そんな声がして上からお湯が降ってきて、泡が流れていくのがわかる。
キュッと蛇口を締める音がして、シャ―ッとお湯の流れる音が消えた。

終わったんだ。
prev next


[back]栞を挟む