蒼の八つ当たり1

***


部屋の中に、ぐちゅっと濡れた音が響く。
わざと大きく鳴らしているかのように卑猥な音を立てて身体からソレが抜かれるたび、嫌で、聞きたくなくて、ぎゅっと目を瞑った。


「…っ、あ…っ、!や…っ」

「しょっぱ」


生理的に出る涙をぺろりと舐めて、蒼は不機嫌だった顔を少し和らげる。

ああ、もう嫌だ。

――――――


学校で何があったのか知らないけど、帰宅した蒼は怖いくらいの無表情で「誰も入れるな」と外の誰かに言っているのが聞こえた。

いつもと雰囲気が違うその様子が、怖くて。


「…――っ、」


その冷たい瞳に気圧されて、動けない。
後ずさった俺を見て、ぴくりと眉を動かす蒼にしまった、と思った瞬間、腕を引っ張られて押し倒された。
後頭部を思い切り床に打ち付けて、強い衝撃が走る。

じゃらりと手首につながれた鎖が音を鳴らした。


「…っ、あお、い、何…っ、ん…ッ」

「……」

「はぁ…っ、ぁふ…っ」


息が出来ない。
塞いできた唇に呼吸もできないくらい激しく口内を舌で荒らされて、酸欠で視界がぼやける。
涙が零れた。


「んぁ…っ、は…ッ、や…っ」


舌の絡まりに応じて鳴る水音にカッと頬が熱くなる。
口の端から、唾液が途方もないほどこぼれた。
性器がひんやりとした何かで包まれ、すぐにそれが手だと気づき、いつの間にかおろされていたジッパーに、動揺する。


「まーくんの、すごいぐちゅぐちゅ言ってる」

「や、やめ…っ、ぁ゛、痛、ぁあ…っ」


嫌なのに。

握りこんだ性器を乱暴に上下に擦られ、すぐに硬くなってしまう。
指の腹で敏感な裏筋や尿道口を擦られ、腰が無意識に動く。
性器から鳴る卑猥な音に、耳をふさぎたくなる。

嫌だと訴えようとして、目が合う。
いつもみたいな欲情した瞳じゃなくて、何の感情も見えない冷たく無感情な瞳。


「な、なんで、怒って、ひゃぅ…っ、」


嫌だやめてくれと首を振りながら、蒼の胸を手で押すと陰嚢を強く揉まれ、びくりと腰が揺れた。
腰に甘い痺れが走る。
下腹部に熱が集まった。


「俺には、まーくんがいるってのに…、」

「んぅ…っ」


首筋に口づけられ、ちゅぅと吸われる。
声を上げて身を引こうとした瞬間に、ズボンを膝まで下げられる。
ぐちゅりと音を立てて性器に触れていた指が離れたと思ったら、今度は無造作に後孔につっこまれた。
ずぶずぶと指が、入ってくる。


「ぁ…っ!や…っ、あああ゛…っぁ…っ」


痛い。痛い。
それなのに毎日毎日嫌というほど無理に拡げられるソコは、痛いはずなのにすぐに解れてくる。

ぐちゅっ、ぐちゅっ。


「ぁ…っ、ひぁん…!ぁ…!!ぁ――ッ」

「…可愛い」


内壁に強く擦りつけられ、細かく内股が痙攣する。
一度射精して、でも手の動きはとまるどころか激しくなり、水音を激しくしながら刺激を与え続けてくる。


「ひ、んぁ、いっや、ぁ、ぃ゛」


じゅぷじゅぷ。
ぬちゅぬちゅっ。
先走りを指先につけながら器用に扱かれ、開いた脚を自然とピンと伸ばし、快感のせいで全身に緊張が走る。うまく呼吸が出来ない。


「ぁ…っ、あおい…ッや…ッやめ…ッ」

「……」


縋っても、首を横に振っても全然やめてくれない。
嫌でも何度も与えられ続ける快感に目を瞑った。
後孔に抜かれては差し込まれることの繰り返し。

それと同時に、性器もぐちゃぐちゃにもう片方の手で扱かれる。
後孔でバラバラに動く指だけで精一杯なのに、性器を上下に擦る手も止めてくれなくて、逃げることさえできずにただされるがままだった。
性器に触れた手が、裏筋を強く擦る。

また、またイク…っ。

ひっ、と悲鳴に似た上擦った声が漏れた。


「やめ…ッ、やだ…っ、やだ…っ」


性器と後孔に同時に与えられる快感に、狙ってイイとこばかり擦りあげてくる指に、びくびくと内腿が震える。
先走りが多すぎて、先端から液がぼたぼたと床に零れていた。
背中がのけ反り、腰が浮く。


「嫌じゃないくせに」

「…そんな…っ」


ぼろぼろと泣いても、そんなことを冷たい声音で呟いて蒼は手を止めることさえしない。
ナカを拡げるように何本もの指が大きく動いて、それが性器に快感を伝えて刺激する。


「ひ…っ、ぅ…ッ」


ぼろぼろと声を押し殺して涙を流す。
出来ることなら、今すぐ逃げ出したかった。
いつもと様子が違う蒼が怖い。


「まーくん、……俺の可愛いお姫さま」

「んぅ…」


うっとりとした顔でぺろりと唇を舐められて、ぞくりと肩が震える。
唇におとされる、ちゅ、ちゅと啄むような口づけと同時に、いつの間にかズボンを脱がされ、無防備になっていた脚をМ字に開かれた。


「ぁ…っ、や…ッ」


蒼の目が開かれたソコに向けられているのを感じて、羞恥心でカッと頬が熱くなる。
そんな俺の反応に、彼はふ、と口角を上げて性器をぐちゅぐちゅと無造作に上下に擦った。


「ァ…っ!ちょ…っ、待…ッ、ぁ…んぁっ!はぁ…ッ!」


俺の制止の言葉なんて無視され、太腿を掴む手に脚を閉じることさえできずに、変な声が口からもれた。
すでに若干反応して敏感になっていたそれは、またすぐに欲を放ってしまう。
prev next


[back]栞を挟む