11


(なんで、そんな言い方…)


「…蒼は…、おれに、きらいになってほしい、の?」

「……さぁ。どうだろうな」


それを肯定するような、でもはぐらかすような小さな呟きに顔を上げる。
雪を見上げてそう答える蒼のそれは、いつも通りの声で。

その表情だって、別に普段通りなのかもしれない。

でも、俺には明かりが遠くて蒼の顔がよく見えないから。

そのせいだろう。

彼の顔には、影がかかっていて少しいつもと違うように感じる。


(……)


今の蒼は、ふとした瞬間によく見せる、あの見てるこっちが胸が苦しくなるような。
そんな笑みを浮かべているような気がした。


「あお、」


声をかけようとして、きゅっと触れてきた手が俺の手を包み込んできて。
その手が本当に優しくて、言おうとした言葉を思わず止めた。


「まーくんがもし、それを全部思い出して、俺のことを憎んでも、殺したいって思っても、それでもいい。」

「…ッ」

「…それでもいいから言っておきたかった」

「…なんで、」


そんな、今生の別れみたいなこというんだ。
許してくれなんて言わないから、と小さく続ける蒼にぎゅっと唇をかみしめる。


「今の、まーくんの俺への感情だってすぐに消えるよ」


まーくんのその気持ちだって、薬のせいなんだから。

…そんな表情で、そう言われてしまえば、もう何も言えなくなる。


(…好きだって思う)


蒼のことが、好きだと…思う。

俺には、誰かを好きになったことがないから、これがその感情なのかもわからない。
違うモノなのかもしれない。
ただ、わからないから、本当の感情をしらないから、これがその感情だって思いたいだけなのかもしれない。


「…(…でも、)」


…でも、俺は蒼の傍にいないとだめだって思うから。
この感情も、その薬のせいだっていうのか…?

もう、自分の気持ちもわからなくなってしまった。

それでも、何か言おうとして、唇が震える。

どうしても、何か言わないといけない。
この空気を変えないといけない。

そう思って、「あおい、」とその名を呼べば

彼は、俺の声が聞こえていないように、もう一度小さな声で「許してくれなんていわない」と呟いた。


「だから、」

「…っ」


強い口調で遮られて、思わず口を閉じる。
彼が言おうとしてる言葉が分かって、心が鉛を呑んだ時のように苦しい。


「だから、せめてもの償いとして、」

「………」


彼は、俺と目が合うと、綺麗に微笑んだ。

あまりにも蒼が優しく、綺麗に笑うから。
なにも、いえない。

やめて、なんて。
その先の言葉を言わないで、なんて言えない。



「今まで頑張って、耐えたまーくんに…ご褒美をあげる」

「……ごほう…び」



きっと、それは心のどこかで俺が望んでいたこと。
でも、心のどこかでは、ずっと恐怖していたこと。

ぐっと震える拳を握った。


「まーくん」

「…うん」


静かに頷いて、こくんと頷いた。



「……――俺から、解放してあげる」

「…っ、」


やっぱり。

そうは思ってても。
覚悟はしてたはずなのに。
その言葉がうまく呑みこめない。

ごくんと唾を飲みこむ音だけが嫌な音を立てた。
prev next


[back]栞を挟む