4

***

あの後


「…ありがと、う」


数十分後、やっと涙がとまったおれは、蒼にぽつりとお礼を呟いた。
今となっては、なんであそこまで泣いちゃったんだろうと思うくらいには冷静になった。

ぐいぐい、と制服の袖で目元を拭う。

少し恥ずかしい
…いや、結構はずかしい…。

羞恥心に耐えきれずに俯くと、そんなおれを見て蒼が可笑しそうにわらって、それにつられておれも気が緩んで笑みを零した。
まだ胸の中があったかい。
…泣いてすっきりした。


(本当に、蒼には迷惑かけっぱなしだな…)

泣いたせいで余計に身体に力が入らなくて、保健室のベッドから降りた途端にぐらっと視界が歪んで、思わず床に膝をついてしまった。

何故かそんなおれを抱き上げてお姫様だっこしようとする蒼に断固として首を振って、

どうしても歩かないといけない距離は、おんぶで運んでもらうことになった。


…う、う、この歳になって、こっちも恥ずかしい、けど、


その首に後ろから腕を回しながら、ちらりと顔を盗み見る。

彼は全然恥ずかしそうじゃなくて、すれ違う人達に変な感じに見られても、…いつも通りの表情で背負ってくれていて、…ああやっぱりいい友達をもったな、なんて改めて思った。

まったくふらつきもせずおれをおぶってくれる蒼に、…すごく感謝して目を閉じた。


――――――――



「…ありがとう…」

何度目かのお礼を言いつつ、なんとか笑顔を浮かべた。

家の鍵を渡して、敷いてある布団まで運んでもらう。
見慣れた天井にほっと息を吐いて身体から力を抜いた。
身体がしびれているようにうまく動かない。

風呂はもう後でいいやってことになって「拭こうか?」なんて普通の顔で聞いてくる蒼にさすがにそこまでは迷惑かけられないから
力の入らない声で「…いや、いい…」と首を振った。


「何か食べる?」


上からかけ布団をかけてくれながら、気を遣ってくれてるのだろう少し小さめの優しげな声で聞いてくれる蒼に答えようとして襲い掛かってくる睡魔にもう声がほとんど出なかった。

舌が、回ってない。


「…食べない……ねむ…たい…」


意識が消えそうなのを堪えて、「でも、」と続ける。
蒼の手を掴んで、「…そば…に…い……」と最早声にならない声で呟いて、そのまま眠りに落ちた。

―――

寂しくて。

どうしようもないほど、傍にいてほしかった。
prev next


[back]栞を挟む