2



こんな場面を蒼に見つかったらまずいと、若干焦りながらカーテンを閉めようとすると。
コンコンと再び手でガラスを軽くたたく音に顔を上げる。


「――…っ」


綺麗で優しげに微笑んだ男が手に持ってるものを見て、目を見開く。
いや、正しくは男が持っているケータイの画面に表示された文字に目を疑った。


「…な、んで」


驚いて思わず声が零れる。

ケータイで、その画面には「To 真冬へ from 青木俊介」と書かれたメール。
男がそれを指さしてから、ガラスにある鍵を指さす。

…多分「中身を読みたいなら鍵を開けろ」ということなのだろう。

それを目で追ってからどうしようと頭を悩ませた。


「……」


ごくりと唾を飲みこむ。
…でも、一瞬鍵を開けようと伸ばした手が止まる。

正直に言ってそれが本当に俊介からのメールだったなら、喉から手が出るほど欲しい。読みたい。
蒼なら、もし俊介からメールや手紙が届いても、俺には絶対に見せてくれないだろう。

俺の見えないところへしまうか、捨てる気がする。

ちらりとガラス越しに男の人を盗み見る。
確かに自分と同年代くらいに見えるし、俊介と知り合ったってことも可能性としては否定できない。

…もしこの前蒼と会って、俊介が今動けない状態なら誰かに頼むことだってあり得る。

(…どう、しよう…)

拳をぐっと握る。
チャリと揺れた鎖が鳴った。

この人がここに来たということは、蒼の血縁か、この屋敷に入ることを許された誰かなんだろう。
厳重に警備されているこの家は、そのくらい限られた人しか入ることを許されない。

もう一度、ケータイの画面に視線を戻す。

もしかしたら、…俊介からの助けを求めるメールだったりするかもしれない。
何があったのか蒼に何度聞いても教えてもらえない俺は、不安が募るばかりで。

自分のせいで何かあったのなら尚更、自分は俊介のために何かしないといけないような気がした。


「…(開けようかな…、)」


手を伸ばして、それでも鍵に触れたところで迷ってしまう。

…本当に、この屋敷には入れる人間で、かつ俊介の知り合いがメールを持ってきた、なんて偶然があり得るのか。
嵌められようとしてるだけじゃないのか。

…なんて疑り深い思考を振り払うようにぶんぶんと首を横に振った。

それでも、蒼がそばにいないのは今しかない。

つまり、このメールが本物だった場合、読めるチャンスは今だけだ。

それに、その綺麗に優しげに微笑む人が自分をだますとは思えなくて。

鍵を開けようとその冷たい感触に触れてゆっくりとおろした。
かちゃん、なんて音を鳴らしてロックが外れた。
prev next


[back]栞を挟む