3


「初めまして」

「…こんにちは」


優雅にそう挨拶して笑うその人におずおずと頭を下げる。

「痛…っ」

ケータイを受け取ろうとして進めば、鎖のせいでこれ以上外に進めない。
ガシャンと音を鳴らして、手首が後ろに引っ張られた。
同時に身体も引っ張られて、倒れそうになって一瞬バランスを崩しそうになった。
仕方ない、と息を吐いて「それ、持ってきてもらえますか」とケータイを指す。


「…へー、なにソレ」


鎖が見えたのか、そこに視線を向ける男。
一瞬鋭い光を放ったその瞳に、一瞬身体がこわばった。


「ねえ、君は蒼くんのペット?それとも恋人?」


ケータイを渡そうともしないで、そう問うてくるその人に怪訝に思い眉を寄せた。

…早くしないと蒼が戻ってくるかもしれない。

いつ戻ってくるかと怖くて、焦る。


「……」


ペットと言われれば、確かにこんな閉ざされた部屋で鎖でつながれている人間を見たら誰だってそう思うだろう。
恋人って普通、鎖でつながれたりしない気がするし。


…というかペットに間違いない気がする。

少なくとも、俺は好きな人にこんなことしないだろうから。


俺が誰かと話せば怒る。
ご飯も蒼が持ってきたものを食べる。
そして、こうやって、犬小屋よりはるかに大きいけど部屋に閉じ込められて鎖につながれている。

これがペットじゃなくて他になんと呼べるだろうか。

(……俺には、分からない)

ぎゅっと拳を握った。


「…多分、ペットの方、…だと、思います」


俯いて、そう声を漏らす。


「へぇ、蒼くんってこんな趣味あったんだ」


興味ありげに手首から伸びる鎖に触れて、「知らなかった」なんて呟く声。
ふいに、伸びてきた手が頬に触れる。


「…でも、君、結構綺麗な顔してるなぁ」

「…っ」


そして、「欲しくなりそう」なんて小さく言葉を漏らした。
その身の毛のよだつような触り方に反射的に身体を引いた。
何故か危機感を感じてガラスを閉めようとすれば、手でそれを拒まれる。

相変わらず笑顔を浮かべる男を、睨み付けた。


「…ケータイ、見せてくれるんじゃないんですか」

「んー。君の反応次第かなぁ」

「反応って」


言われてもどうしろと。
何が言いたいのか分からなくて、聞き返そうとすれば視界の隅に握った拳が振りかぶられるのが見えた。

(殴られる――ッ)


「――っ」


鈍い痛みが腕に響く。
息が詰まった。

顔をかばったせいで、腕を思い切り殴られる。
容赦ない痛みに、顔が苦痛にゆがんだ。


「…っ、」


それに普段鎖に繋がれてるせいで筋力も落ちているらしく、簡単に倒れそうになる。
態勢を崩してよろけたところを脇腹を蹴られ、崩れ落ちた。

ひゅっと空気が漏れた様な音が口から出る。

床に手をつく。
身体を支えていられない。


「――う、ごほっ、げほ……っ、――はっ、はぁっ」

「ああ、やっぱり人間の苦痛に歪む顔ってなんでこんなに興奮するんだろ?ねぇ、わかる?」


そんな気持ち、分かるわけがない。
分かりたくもない。

まるで痛みに耐える俺を見て興奮しているかのように、恍惚とした表情をして部屋に入ってくる。

もしかして、こいつやばい奴じゃないのか。
優しそうなんて見た目だけで、中身は狂ってる。
そう感じて鼓動が嫌に跳ね上がる。

動かせば激痛が走る脇腹を手で押えながら、そいつから離れようとしてギンッと何かに阻止される。


(――くさり)


青ざめて、手首と足の鎖を見る。
その間もゆっくりと近づいてこようとする男から、逃げようと鎖を引きちぎるような勢いで手を引いた。
ガチャガチャと限界まで伸びた鎖が音を立てる。

でも、頑丈なそれは俺が引っ張ったくらいじゃ壊れるものでもなくて。

男はそんな俺を見てケラケラと狂ったように笑う。
本当、いかれてる。


「あはは、頑張って逃げてよー。簡単に捕まえちゃってもつまらないから」

「蒼…っ、蒼――ッ」


早く、戻ってきて。

蒼の出ていった扉の方に声を上げる。
こんなに心から助けを求めて蒼の名を呼んだのは、これが初めてかもしれない。


「あお―、ッ」


背中に衝撃が来る。
蹴られた、と気づいたときには床に顔から倒れていた。

後ろから覆いかぶさるように背中に乗ってくる男。
青ざめて殴ろうと拳を握れば、両腕の鎖を一つに纏めて片手で持って頭の上にもっていかれる。

後頭部を押さえつけられて頬が畳に押し付けられる。
畳から香る草のような匂いに、血の気が引く。

……逃げられない。


「あーあ、蒼くんも可哀想に。自分が繋いだ鎖のせいで、まさかペットが食われることになるなんてねー」
prev next


[back]栞を挟む