5

性器にぬめっとしたあったかいモノが這う。
……何か、濡れた感触が性器を包み込んでいる。
頭の痛みで何が起こってるのか把握するのに数秒かかった。

顔を上げて、それを見た瞬間……目を見開いた。
にやりと笑った男と目があう。
瞬間、狙ったように俺を見上げたまま、その舌先が性器に這わせられた。


「……?!!」


(舐められてる―ッ)


先端を舌先で舐められて、「ぁひ…っ」なんて情けない声が出た。
性器に熱が集まるのを感じて、かっと頬が熱くなる。
こんな状況でも、感じてしまう自分が嫌いだ。


「やめろ…っ、やめ…ッ」

「ふなおにはりはよー」


屈辱でぽろぽろ涙が出てきて、咥えたままそう言う男を蹴ろうと足を持ち上げれば、裏筋を舐められて、力が抜けてしまう。

……それでも、何をされるかわからないこの状況でじっとしていられるわけもなく。
脚を閉じようとすると、睾丸を揉まれながら、喉の奥まで咥えられて性器をしゃぶられる。
狭い空間に先端が入り込んでいて、ぬるぬるとしたその感触が気持ちよくてたまらない。



「ん…っ、ぢゅうう…ッ」

「…ぁ…っ、――やあ゙あっ! はう、あ゙っぁあ゛あああっ、」 


音を立てて、吸われる。
脳天を突き破るような快感に、みっともない声をおさえられない。
性器を包み込む、柔らかい弾力のある肉の感触。
激しいその動きに腰が震えて、じゅぶじゅぶと聞こえる厭らしい音に恥ずかしくてもう死にたくなった。

…気持ちいい。

中途半端にたてた膝が震える。
そんな風に感じる自分が悲しくて、悔しくて、涙がボロボロ零れる。


「あはーびくびくしてる。んん…っ」

「ぁひい…っ、それ、やめっ、ぁ゛ああん…っ」


やばい。
尿道口を舌の先でぐりぐりやられ、こみ上げる射精感にふるふると首を振る。

同時にお尻の穴のナカに指を差し込まれ、狭い空間をかき回すようにグチュグチュと抜き差しされた。

快感に目の前がぼやける。

嫌だ…っ。

イきたくない。
こんなに嫌なのに。
ここでイったら、こんなに嫌がっているのに、自分が気持ちいいと感じていることを認めているようなものだ。
prev next


[back]栞を挟む