6

「イけばいいのに」

「…っ」


それを見透かしたように目を細めて、性器を口に含みながら小さく笑うその男から必死にふいと顔を背けた。

……冗談じゃない。

少し男が何かを話すたびに吐息がソレにかかって、勝手に反応してしまう。

すぐにもイきそうで、最早見て分かるほど膝が震えているけど、それでも唇をかみしめて耐えた。

(…イきたい。でも、イったらだめだ。)

ぎゅっと目を瞑って堪える俺に、足元で笑う声が聞こえた。



「あーもう、強情だなぁ、ペットくんは」

「…え?ぁ、――ぁあああああ…――っ、」


カリを歯で軽く引っかかれて、ナカではヒクつく内壁を擦られて、びび、と身体に電流が走ったような衝撃を受けた。


……腰がのけ反り、目の前がチカチカと点滅する。

ぴゅ、と堪えきれずに性器から出た精液をなめとられて、ふるふると身体が震える。


やばい。やばい。
本気で、もう我慢できない。



「…ッ、ァ…っ」


汗が滲む。
息が苦しい。


―――イきたい。


それだけしか、考えられなくなる。
腹部に力を入れながら、でもとろとろと流れ出る精液を感じてぐ、と唇をかんだ。



「我慢しなくてもあいつなら、しばらく来ないよー?今”彼女”とご対面中だからねー」

「…っ、………?」


かの、じょ…?

今口を開いたら全部出てしまいそうで、そう問うこともできずに、ゆるく触れるような、焦らすように触られて、ぐっと唾を飲み込む。
prev next


[back]栞を挟む