3



「はぁ…ッ、ぁ゛…ッんぅ…っ…はぁ…あ!」


腰が自然に揺れる。
ビクンビクンと身体が小さく痙攣していた。
何かで性器をぐちゃぐちゃにしたい。
無意識にそこに手を伸ばそうとすれば、手首にかかる抵抗に加えガチャンガチャンと金属の音が聞こえてきた。


「や、…んんっ…ふ……」


熱い吐息が唇の隙間から零れる。
すぐにでも鎖を外して、尿道を何かで掻き混ぜたい。
尿道がいっぱいになるまで太いモノでガンガン奥を突かれたい。
そしたらこの痒みもなくなって、気持ちよくなる。もっとイクことができる。


「はぁ…ッは…っ」


(わけがわからなくなるくらい、性器を手で擦ることができたら、どれだけ気持ちいいんだろう)

考えるだけで期待したのか、腰が甘い感覚に痺れた。


「は…っ、ぁ…ッ…も…っ…むりぃっ、くぅ……んっ、はぁ、はぁ……」


息が漏れる。
それと、同時に触れない苦しさに耐えきれなくて、無我夢中で鎖から逃れようと手を動かした。
ただ金属音を鳴らすだけのそれは、そう簡単に外れてはくれない。

苦しい。
もっと強い刺激が欲しい。

涙が零れる。


「…ッ、も、だめ…ッ、」


尿道の中に入れられている棒をもっと奥に入れたくて、この痒みを少しでも抑えたくて。
弱い粘膜に刺激を与えるように、無意識に腰を動かした。


「まーくんのココ、ぐちょぐちょに掻き混ぜてほしい?」


ぐちゅッ。



「――…ぁ゛アア…ッ!!」


答える間もなく、思いきり尿道の奥までくるくると回しながらその長い棒を差し込まれる。
反射的に矯正があがって、腰が浮く。
内壁を抉るようなその勢いに、息が止まる。
でも、その瞬間だけ痒みが引いたような気がした。
ぐちゅと音を立てて引き抜かれていくソレに、身体を震わせる。
とろとろと精液が身体から溶け出す感覚。
prev next


[back]栞を挟む