9

聞きとれなくて、そう疑問の声を上げると視界が少し暗くなる。
布越しに、蒼が上から自分を見下ろしているのだろうと思った。


「ふぇら、よかったんだろ?気持ちよさそうな顔してたもんな」

「…っ」


よしよしと髪を撫でられて、嫌に怖いくらいの優しい声で囁かれてゾクリと背筋が寒くなる。
でもそんな気持ちとは裏腹に、身体はその手の刺激だけで快感に震えて、それだけで性器に熱が集まる。


「ぁ…ッ、あああ…っ!!」


クタリと身体をベッドに預ける。
息が荒い。

あれだけで、イッた。
髪をなでられただけでイってしまった。
自分の身体が怖い。
なんで。なんで。なんで。
身体は熱いのに、心だけがどんどん暗くなっていく。

信じられない。


「――――ッぁ、」


おかしい。こんなの、絶対におかしい。
唇をかみしめて、でもその言葉の意味に気づいて、震える唇を動かした。


「なんで、しって…、」


蒼が来た時にはもうそんなことをした跡もなかったはずだ。
俺が…、その、出したやつはあの男が、全部飲んでたし。

だから…蒼には、犯されそうになったところしか見られてないはずで。



「あれ、まーくんに言ってなかったっけ」


わざとらしく驚いたような声が、笑いを含む。



「あの部屋、最初にまーくんが入った時からずっと監視カメラがついてたんだけど」

「…っ、さい、しょ…?」


頬を撫でられて、変な声が漏れそうなのをこらえながら、問う。
その言葉の意味を理解して、身体全身から血が消える様な錯覚に陥った。


「全部見たよ。まーくんが殴られるところも、まーくんが男に咥えられるところも、まーくんが咥えてるところも、…まーくんが、自分から鍵を開けるところも」

「…っ、」


ひゅっと、喉の奥から呼吸になり損ねた音が出る。
身体が、震える。




「――――なぁ、そんなに”しゅんすけ”クンが好き?」

prev next


[back]栞を挟む