10


グチュッ。
嫌な感覚が身体の奥を突いた。


「…っ、ぁ、ひ…っ、ぁあッ!!」


尿道から何かさっきの細い棒みたいなものが抜かれて、にゅるにゅると奥まで突かれる。


「ぁ…ッ、あひぃいいい…ッ…う、くっ、う、」


感じすぎるくらい敏感な前立腺を尿道から直接的にピンポイントで何度もブルブル振動しているさきっぽで刺激された。

しかもナカにある棒ごとおかしなくらい硬度を増してガチガチな性器を激しく上下に扱かれて、悲鳴をあげながら身を捩る。

涙を流す。身体にぞくぞくと寒気が走った。

そんな俺の反応を見て、扱きながら狙ったように奥の方のそれを探るようにして内壁に擦りつけられ、痒いところを的確に抉ってくる。


「ぁあ゛あっ…!は、ひぎっ、や、っ、あ、!ひ、」


それと同時にぱんぱんに腫れあがって零れた精液でどろどろに蕩けている陰嚢をゆさゆさと揉まれる。
背中がその予想もしない衝撃に鎖を引きちぎるくらいの勢いでびくんと跳ね上がった。

どうにかして逃げようと最早本能で腕を、足を、腰を動かす。

けど、首を左右に振りながらやめてと声を上げる俺に一切手は止められることなく、グチュグチュと尿道内を掻き回すように突かれてトロトロに熱く解される。

しかもまた別のバイブでカリの段差から裏筋をゴリゴリ擦られながら、同時にタマをくにゅくにゅ揉みこまれて身体がさらにピンと跳ね上がった。


「っ、ひ、ひ、や、ぁ、ひっ」


ひたすらしつこいくらいに性器を弄られ続け、細かい振動で切ないほどに打ち震えて上を向いている性器からは、棒を軽く抜き差しする度に透明な蜜がとどまることなくダラダラと溢れている。


「ほら、まーくん。答えて」

「んぁぁ゛っ!!?…っふぁっ、ひぎっ、や…っ、ぁ゛、そこ、やッ」


腰を掴まれて浮かされたと思ったら後孔から冷たくて固いものが尻の中いっぱいを埋め尽くすようにぐにゅうう…と入ってくる。

熱く蕩けた肚は多少押し返そうと肉壁で抵抗するものの、ぬるぬるしながらすんなり受け入れてしまう。

汗ばんで熱い尻たぶをもみくちゃに揉みしだかれながら奥の方の前立腺をその太いモノでぬぷぬぷごりごりと何度も強く潰されて、目の前が点滅した。


「っ、あぁんっ、やっ、んぁっ!、ぁ゛ああ――…?!」


ビリビリ腰が痺れ、尿意のようなものが一気にわき上がってくる。

目隠しの下で目を見開きながら背をのけぞらせ、腰を突き出し、ガクガクと全身を震わせた。

絶頂を、何度も何度も繰り返す。

死ぬ。痙攣する。性器が、痙攣するのが止まらない。

イク。数えきれないほど、終わりのない快感の嵐に、意識が飛びそうになる。

でも、意識を失いそうになる度、強くグチュグチュと前からも後ろからも突かれて、めまいがする。


「そんなに、ソイツのことが好き?」


グチュッ。


「…あああっ、!ぅ、ひ、ひ、や……も、もう…や、…」

「俺じゃ何がダメなの?なんでソイツばっか…」


愚痴るような声が消えると同時に、その動きが止まったと思った瞬間。
ウ゛ウ゛ウ゛と後孔のソレが振動する。
激しくて鈍い振動が前立腺を擦る。
目の前が真っ白になって、背中がびくんと震えた。
腹筋が、下腹部が異常なほどビクビクする。
左右に大きく開いた脚が、ガクガクした。

声が抑えられない。
イクのが、とまらない。


「ひッ!!や…っ、ぁ……ッ!!」

「まーくん、だめだろ?ちゃんと答えないと」

「そ、それや…っ、ぁ゛あッ!!ァ゛ああッ、」


そんなの、無理に決まってるのに。

こんな状況で答えられるわけがないって、蒼もわかってるはずなのに。

とっくに泣いて枯れ果てたと思った目からぼろぼろと涙が出てきて、怖いくらいの快感に汗がぶわっと湧き出す。

感じすぎて凄く辛いのに、怖いのに、身体はもっと全力で快感を味わおうと、立てた膝を動かして無意識に激しく腰を振ってしまう。

口からも下からもとめどなく溢れてくる体液。
嫌らしい音とともに擦れあって泡を作っていく。

熱い。身体が熱い。
何度イけばいいんだ。どうしたら、蒼は許してくれるんだ。
何度イっても、媚薬のせいかムクムクと勃起して血液の巡る性器は硬くなる。
やだ。やだ。やだ。

苦しい。
唾液が口から零れる。
prev next


[back]栞を挟む