11

「…ぁあッ!!イク…っ、!イきたい…っ、ぬいれ…っ、も…っ」

「”しゅんすけ”より、俺の方が好きって言ったら抜いてあげる」

「ぁ、ひ…ッ!ぁあああ…ッ」


後孔いっぱいに入ったモノがズルズル抜かれては前立腺めがけてぬぷっぬぷっと泡立ちながらピストンする。
丁度尿道の幅にぴったり合った柔らかい棒が、イキそうになる度に奥の奥まで隙間なく埋めてきて射精できないようにしてくる。

こうして閉じ込められるようになるまではろくに触ったこともなかった場所を蒼に弄られて、でもそれが怖いくらいとてつもなく気持ちがよくて、卑猥な声を抑えることもできない。
身体に電流のように快感が駆け抜ける。

ぶわっとさらに汗が噴き出た。
荒い呼吸で、必死に言葉を絞り出す。


「すき…っ、あお…っ、いのほうがすき…っだから…ッ」


止むことがないほど連続して身体に電流が走るような脳を溶かすような快感に、考える暇もなく口からその言葉が出ていた。

答えるときでさえ、その刺激はやまない。
ウ゛ウウとその振動にあわせて身体が震える。
ぼこぼことしたその固い物が内壁を擦りあげて気持ちいい。
肉壁の一枚一枚が吸い付くように、太いバイブを締め付ける。


「だれより?」

「あおい…んッ!!のことがぁ…っ、しゅん、すけより…っすき…だッ!!」


「………俺も、まーくんのこと好きだよ」


言わされただけの言葉なのに、蒼はそんな少し嬉しそうな声で答える。

その瞬間
尿道に入っていたソレが抜かれて、それを待ち望んでいたかのように、解放された精液が飛び出た。


「…んっ…。ッ!!!!」


唇によって塞がれた口からは声が出ない。声は小さくなって、びくびくと身体だけが痙攣しているみたいに跳ね続ける。
カチリと何かの音が聞こえて、後孔の振動が止まるのがわかった。


「ふ…っ、ぁ…ッ」

「…っ、」


舌が差し込まれて、その冷たいソレは俺の舌を探りあてた。
音を立てながら唾液を吸い上げられる。
息ができなくなるほど貪られ、最後にチュウと吸うと離れていった。

そんなキスだけで、また身体が大きく震えてイってしまった。
prev next


[back]栞を挟む