登録所要時間10分

ここまで各ページを見ていただきありがとうございます。
なんとなくわかってきたところで、早速登録してみましょう!大丈夫!


稼げるまでの行程はこちら
@公式サイトへアクセス
AUber Eatsにアカウントを登録
Bドライバー専用アプリのインストール
C報酬振込銀行口座登録
D交通ルールクイズに回答
E審査承認・アカウントの有効化
≫≫即日配達開始!




誰にも縛られない稼ぎかた

Uber Eatsの配達員になるために。

Uber Eatsの配達員は、登録要件を満たしていれば誰でも始めることが可能です。もちろんお金はかかりません。無料です。なお、以前(2020年3月29日まで)は各所にある「パートナーセンター」と呼ばれる場所での本登録及び説明会への参加が必要でしたが、現在ではその必要はなくなっています。

指定場所へ行くことがネックだった登録説明会が省かれて、今は全ての工程がオンラインで完了できてしまうので気軽にチャレンジしてみましょう。

ちなみに、稼働開始できるまでには3日〜2週間ほどかかるため、「今すぐに働きたい」と考えるよりも事前に「とりあえず登録をしておく」というのがベター。

本格的に稼ぐ準備をしていきましょう。



登録の手順(アカウント作成)

登録作業としては、

・メールアドレス入力
・パスワード設定
・個人情報
・配達エリア登録
・配達車両を登録
・写真アップロード
・本人確認書類提出
・登録完了

といった流れになります。

では、登録について説明していきますね。

1. アカウント登録

まずはじめに、 こちら のUber公式サイトから、自分のメールアドレスを入力してアカウントを作成します。


メールアドレスは、Uber Eats(ウーバーイーツ)からのメールがちゃんと届くメールアドレスで登録しましょう。
キャリアメール(例:@docomo.ne.jp)のような携帯アドレスはメールが届かなかったりするケースもあるのでGmailなどが良いでしょう。



・名前

・電話番号

・パスワード

・配達する都市

・招待コード(任意)

それぞれ正確に入力しましょう。


※名前はローマ字で書いて下さい。

※「名(下の名前)→姓(苗字)」の順番で入力するようになっているので、間違えないようにしましょう。

(既婚者の方は旧姓に注意し、提出する身分証と同じ名前(本名)を入力しましょう)

※電話番号はSMS認証ができる電話番号を入力してください。

パスワードはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー用のアプリやWebにログインする際に必要なもので、好きなパスワードを設定してください。

都市は自分が住んでいる住所というよりは、配達するエリアという考え方で都市を入力します。
(後から変更も可能で配達はどこでも出来ますが、まずは配達を行う予定の都市の選択をおすすめします。)

誰かの紹介で始める場合には、アカウントを作成する際に『招待コード』を入力しましょう。

2. 配達車両を登録

自分の希望する登録車両を入力します。

下記の中から選択しましょう。
自転車または徒歩
原付バイク(125cc以下)
軽自動車またはバイク(125cc超)



※Uber Eatsの配達車両は一つしか選択できません。

※もしも、登録車両を間違えてしまった場合は、ヘルプからUberサポートセンターにメッセージを送って変更手続きをします。

3. 必要書類の登録

本人確認と、車両の登録のために必要な書類をアップロードします。

身分証明書と、原付バイクや車、バイクでの配達を希望している場合には免許証や自賠責保険証などが必要となります。身分証明書は学生であれば学生証と健康保険証の2つを提示しても登録することが可能です。

次に、プロフィール写真の登録です。

スマホで撮ったもので問題はありません。
一応、配達する場合に注文者に見られる写真だということを頭にいれて撮影しましょう。

※サングラスや帽子は着用しないでください。

※まっすぐ正面を向き、肩から上、顔全体が表示されるようにしてください。

※写真は十分に明るい部屋で撮影してください。

※他人の写真などは使ってはいけません。

※注文者の方にかっこいい、もしくは可愛い自分の写真を見せたいと思って、写真を加工して登録される方もいるようです。絶対やめてください。顔認証は、加工した顔から元の顔を認識することはできません。自分の顔が認識されず、別人が配達しようとしていると見なされ、アカウント停止のリスクがあります。

書類が非承認になる方は、以下の点に気を付けてアップロードしてください。
・有効期限内であるか
・Uberに登録した名前と身分証の名前が一致している
・画質が良い
・書類の文字が読める
・書類の四隅が入っている
・書類原本の写真をアップロードする

ちなみに、身分証などのくだりはアプリの使用上なのか、承認されにくかったり、承認されたはずなのに非承認になっていたり、少し手こずる可能性があります。
(管理人もそうでした)

しかし、結果的には登録できています。あまり気にしないで良いでしょう。

ここで本人情報確認の登録は完了です。

ひとまずはお疲れ様でした!


運営の確認の作業に少し時間がかかります。(1日〜2日程度)

審査(登録)が完了すると、Uberからその旨がメールで送られてきます。


その間にまずはアプリのインストール、そして、銀行口座の登録を済ませましょう!

次の項目でインストールする、配達パートナー専用アプリUber Driver(ウーバードライバー)で、書類の承認状況も確認できます。

もうひと踏ん張りです!

配達員用アプリを手に入れる



ウーバーイーツの配達員専用アプリ(Uber Driver)をインストールします。

ダウンロードは『Google Play』または『App Store』から可能です。

必要書類が承認されたか確認するにはアプリにサインインして規約にチェックした後、下記の手順で確認できます。

▽アカウント承認状況の確認方法▽
アプリ画面左上「三」マークをタップ
「アカウント」をタップ
「書類」(文書)をタップ


アップロードした箇所が緑で「完了(またはCompleted)」とチェックが付いていれば、承認済みということになります。

逆にオレンジで「確認が必要です」と表示されればまだ非承認ということですので、しばらく待つか、原因を確認して再度アップロードしてみてください。

これまでの手順を終えて、承認されてから2〜5日ほどで配達パートナーのアカウントを有効化する為の「交通ルールクイズのメール」が届きます。

内容を確認して「SAFETY QUIZ」をタップしてクイズと質問に答えてください、このクイズに回答しないとアカウントは有効化されません。

ちなみにこのテストは特に合否等はなく、間違えても登録に支障はありませんのでご安心ください。

間違えたところはしっかりと確認しておきましょう。

※交通ルールクイズはアカウントを有効化させるための必須テストですが、登録エリアによってはテストが必要ない場合もあります。

テストメールが受信されない場合はそのまま登録を進めて問題ありません。

その間に「銀行口座の登録」や「Amazonで配達バッグを購入」などを済ませておくてスムーズに配達をスタートできます。

また、交通ルールクイズの受信メールには、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグが定価購入できるURLも掲載されています。
まだ注文していない方は購入しましょう。

マストアイテムまとめ≫

本来であればここからパートナーセンターで配達バッグを受け取ることができましたが、パートナーセンターが停止している現在はこのようにAmazonで購入する流れになっています。

銀行口座を登録



続いて、報酬を受け取るための銀行口座の登録です。

ちなみに、銀行口座の登録は全て英語で入力する必要があります。難しいと感じたので、詳しく解説してみます。

どうせなら早く終わらせたほうが楽ですが、銀行口座の登録は後でしても構いません。すぐに登録しなくてもアカウントは有効になります。

ゆうちょ銀行、信用金庫、各種ネット銀行(楽天銀行など)は登録できません。

それ以外の国内銀行であれば、登録できますけど、Uber Eats からの配送料は海外口座から振り込まれるため、銀行によってはセキュリティの関係でトラブルが発生する場合もあるようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の受け取りは銀行振込のみです。現金手渡しや電子マネーで受け取ることなどはできません。

報酬は毎週月曜日〜日曜日に働いた分が、翌週の火曜日か水曜日に登録した銀行口座に振り込まれます。

銀行口座登録の流れは少し長くなるので別のページにまとめています。
良ければ下記を併せてお読みください。
口座登録のまとめはこちら≫




登録したら実際に配達してみましょう。

配達してみよう!≫



Uber Eatsの配達員に登録できない?
想定されるケースと対処法


Uber Eatsの配達員になるには、まずは登録を完了させる必要があります。以前までであれば、「ひとまずパートナーセンターに行ってみる」という方法でよかったのですが、現状はそうではありませんので、ここではいくつかの「起こりうる問題」とその対処法について紹介します。

▼ 電話番号やメールアドレスがすでに登録されたもの
過去にUber Eatsの配達員として登録しようとしたことはありませんか? そのような経歴がある場合、すでに電話番号やメールアドレスが登録されている可能性があります。電話番号かメールアドレスを入力して、登録されていないか確かめてみましょう。

登録されていれば画面が変わるので、パスワードを入力してください。もしパスワードがわからない場合には、右下の「パスワードをお忘れの場合」から設定しなおしましょう。

▼他のUberサービスに登録している
Uberが提供しているサービス内では、同じアカウントを使わなくてはなりません。つまり、アプリごとに違うアカウントを作る必要はなく、一度どこかのサービスに登録していればそれを共通で使用する必要があります。

他のUberサービスでアカウントを作ったことがないか、確認してみてください。よくありがちなのは、Uber eatsの「注文者側のアカウント」を作っているパターンです。

▼ 銀行口座の登録ができない
親族であっても本人以外の口座を登録することはできません。配達員としての報酬を受け取るための銀行口座が登録できなかった場合には、自分名義の口座かどうかを確認してください。

ゆうちょ銀行や信用金庫、ネット銀行は利用できません。また、Uber Eatsは海外からの送金で報酬を振り込んでいるので、入金時の確認対応が必要な金融機関は推奨されていない点も覚えておきましょう。

もし自分の口座がない場合や、登録しようとしている口座が登録できない銀行のものであった場合には、他の口座を登録するか新しく作りましょう。

また、もし登録できないときにはアプリ上からチャットで質問ができるので利用するのも手です。

▼Uber Eatsの登録に使える車両は?
Uber Eatsの配達員として登録できる車両について解説します。街中で見かける配達員は、自転車や原付バイクが多いイメージですが、そのほかにも登録可能な車両があります。

ただし、自分の配達用の乗り物として車両登録できるのは1種類だけで、日によって乗り物を変えることはできません。もし配達の際に登録していない乗り物を使ってしまうと、配達員として働けなくなる恐れがあるので注意しておきましょう。

・自転車
配達員は自転車を使ってUber Eatsで料理を運ぶことが可能です。自分の自転車はもちろん登録できますが、レンタル自転車での登録もできます。

・原付バイク
原付バイクを使った配達も可能です。またUber Eatsの配達員は個人事業主として扱われるので、原付バイクのガソリン代は経費として計上しても問題ありません。

・125CC以上のバイク
125cc以上のバイクを使っての配達も認められています。車よりは小回りが利きますが、細い道での運転は少し厳しいかもしれません。

事業用車両の登録が済んでいる軽自動車
車でUber Eatsの配達員をしている人はめったに見かけませんが、Uber Eatsは車での配達も認められています。しかし、事業用登録されていないと登録できないので注意するようにしましょう。

事業用登録されている車は黒色のナンバープレートとなります。車で配達を考えている方は確認してみてください。また、事業用登録は誰でもできるので、車を使ったUber Eatsの配達員になりたい方は登録してもいいかもしれません。ただ、車で配達するとなると小道に入ったり駐停車したりするのに、自転車や原付バイクよりも不便でしょう。


〜登録から仕事完了まで全てを解説〜
© ウーバーイーツマスター
Uber Eats(ウーバーイーツ)マスター【自由に稼ぐ】〜ウバマス〜