ウーバー配達員と呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録したけどまずはなにをすればいいか、疑問に答えていきます。



777タウン.net 【無料会員登録】


まずは基礎知識


Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが利用できる車両


125cc以上のバイクと軽自動車は事業用車両でなければ使用することができないので注意しましょう。

Uber Eatsの配達に利用可能な車両

・自転車

・原付バイク(125cc以下のバイク)

・125cc以上のバイク(事業用車両)

・軽自動車(事業用車両)

・徒歩(23区の一部エリアで試験運用)


最後の『徒歩』はまだ浸透していません。2021年6月より試験運用として、東京23区内の一部エリアを限定にUber Walker(ウーバーウォーカー)という徒歩での配達が導入されました。

決まりはある?


Uber Eats(ウーバーイーツ)をレンタルサイクルでやることも可能


Uber Eats(ウーバーイーツ)ではレンタル自転車を利用して配達することもできます。

自分のシティサイクルでやらなければいけない、などの決まりはありません。

ママチャリでもロードタイプでも電動自転車でも構いません。

住まいのお近くにレンタルサイクルがあれば、それでも構いません。


なので、『自転車を持っていない』『自分の自転車を使いたくない』という方はレンタル自転車の利用を考えてみても良いかと思います。

ウーバー配達員は自転車が多数派です。

街中で見かける配達員の方々の姿も自転車の印象が強くないでしょうか?

実際にイメージは間違っていません。とあるアンケート結果によると、8割以上の人が自転車で配達していることがわかりました。

自転車はUber Eatsを始める前から持っている人が多く、手軽にスタートできるので当然かと思います。

そんな配達員ときってもきれない関係である自転車を気軽にレンタルできるサービスをまとめてみました。

便利なレンタルサイクル一覧≫

あなたのエリアにあれば利用してみるのもいいかもしれませんね。

同じ100回配達した経験の配達員でも
片方はギア無しチャリ、片方は高性能な自転車。

間違いなく高性能な自転車の配達員のほうが稼いでいます。

このように、効率よく稼ぐ為には
レンタル自転車の利用もありだと思います。

中には自転車で登録して原付バイクで配達する人もいたりするのですが、登録外車両での配達はアカウント停止の対象となるため絶対にやめておきましょう。

軽貨物車や125cc超えのバイクでも配達は可能ですが、これらの車両は営業ナンバーを取得しないと登録ができません。




自転車かバイクか



自転車とバイク、配達員をやるにはどちらが有利なのか?

それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。



自転車のメリット

ルートの小回りが利く

停める場所に困らない

ガソリン代がかからない

免許が不要

良い運動になる


自転車のデメリット

完全な体力勝負

パンクなどメンテナンスが必要

盗難のリスクがある


自転車はバイクほどスピードが出ませんが、信号や渋滞が多い繁華街だと自転車の方が速いこともあります。特に短距離での配達は自転車の方が有利かもしれません。

また、自転車は運動になることもメリットです。運動不足の解消や、ダイエットを目的としている人はピッタリですね。


バイクのメリット

疲れにくい

スピードが速い

遠くにも配達できる

自動車の免許で乗れる

バイクのデメリット

ガソリン代がかかる

維持費が高い

交通違反取り締まりリスクが高い

渋滞にハマる可能性がある

停める場所に困る


バイクは自転車に比べ、単純なスピードでは勝りますが、道を間違えた場合の修正が難しいです。

しかし、最大のポイントは肉体的に楽だということ。体力に自信がないという人にはメリットになります。


以上のように、どちらが稼げるか、どちらがやりやすいか、と考えてみると自転車もバイクも一長一短で一概には決められません。

自転車よりもバイクのほうがデメリット数だけでみれば多いため自転車がオススメという言い方もできます、また、バイクの維持費は自転車の数倍以上、費用面からみても自転車が有利の側面があります。

体力に自信が無い人や、ウーバーを始める前からバイクを所有している人、バイクが好きな人などは費用面に問題が無ければバイクで良いかと思います。

車両によって良いところもあれば、悪いところもありますね。自分にあった車両というか、好みで選ぶのが一番です。

Uber Eatsを長く続けている人は、自転車やバイクそのものが好きで、乗ることが趣味でやっている人も多いのです。

自転車とバイクでどちらが稼ぎやすいかは活動エリアによるところが大きく、道路の走りやすさや、混み具合といった環境にも左右されます。

もちろん、上記以外でもメリットデメリットはあるかと思います。

しかし、最後に一番大事になってくるのは自分のやる気だと思います。

事故やケガにはくれぐれもお気をつけくださいね。

配達に必要なもの


いざ、配達しようとした時には自転車やバイクなどの乗り物以外に何が必要になるのでしょうか?

●スマートフォン

まずは、お持ちのスマホが必要です。

こちらがないとお仕事はできません。
商品受け取りからお届けまで全てスマホアプリで操作します。

また、Google MAPアプリは必須ですのでインストールしておきましょう。
Google MAPの使い方もざっと理解しておくのがオススメです。


●商品を入れるバッグ

こちらも配達するうえで必要になります。

公式のバッグ(通称ウバッグ)を手に入れておきましょう。

ちなみに、ウバッグ以外のものでも構いません。
他のものを使う際には、保温性(保冷)に優れたもの使用しましょう。


この二点を用意したら配達に出発してみましょう。
その他の必要なアイテムなど詳しくはこちらをご覧になってください。
配達に便利なアイテム≫

その他のポイント


●研修制度など

研修制度はありません。過去にUber Eats登録センターへ登録しに行かなければならなかったときは、業務の流れについて説明していましたが、現在は閉鎖しているため特にありません。研修がなく不安な人もシンプルな作業ですので大丈夫です。配達の流れや具体的なやり方は下記をご覧ください。
配達するには≫


●福利厚生など

基本的にありません。
ウーバーイーツを利用する際に使用できるクーポンや割引サービスを定期的にもらえます。

フリーランス用の「ベネフィットプラン」というサービスがあります。(要年会費)

●シフトなど

ウーバーイーツの配達員は、事前にシフトを提出する必要はありません。配達員用アプリをオンラインにしておくだけで仕事依頼の通知を受け取れます。

●服装のルールなど

身だしなみのルールはありません。
ですので、服装はラフで構いません。
独自の制服やユニフォームなどの指定も特になく、ネイルやピアスなどの規定もありません。

もちろん季節にもよりますが、公式の資料でもTシャツに長ズボンなどが多いです。雨の日は、カッパやウインドブレーカーのようなものを着ている人も見かけます。

しかし、食品を扱う仕事であるので、清潔感のある身だしなみが良いでしょう。

●配達可能なエリア

配達してはいけない場所はありません。
はじめに登録する時に選択した都市以外でも配達可能です。また、 事前に手続きなどをする必要もありません。

そのまま活動したい場所で配達するだけですよ。




〜登録から仕事完了まで全てを解説〜
© ウーバーイーツマスター
Uber Eats(ウーバーイーツ)マスター【自由に稼ぐ】〜ウバマス〜